2011年07月24日

川島地区で水生生物調査を実施しました

本日は、川島地区の主催で、鹿化川の水生生物調査を実施しました。
毎年、夏休みの恒例行事となっているこの調査に、今年もたくさんの子どもたちが参加してくれました。
川の水が、キレイなのか、汚いのかを、川にいる生き物を調べることで判定する「水生生物調査」。
ここ数年、4段階のレベルで上から2番目の「少し汚い」に分類される鹿化川ですが、今年はどうなったか、みんなで調べます。

まず、地区市民センターで、調査方法の説明を終えると、鹿化川へ出発!

川でもとり方の説明などを行い、調査を始めます。
説明するよ

調査開始!


毎年恒例と言うだけあって、今年6回目の参加!という子も。
どんどん生きもの取るよ!


子供だけでなく、保護者や地域のスタッフも夢中になって、生きものを取ります。
何が取れたかな?オトナも夢中!


とった後は、とれた生きものを分けて、チェックします。
アメリカザリガニを分ける時は、ハサミにはさまれないように、慎重に・・・

立派なアメリカザリガニ ゲット!


とれた生きものは、観察ケースを使ってじっくり見てみます。
お魚や昆虫などたくさん取れましたが、じっくり調べてみると、昨年より少し種類が減っているようです。

こんなのとれたよ!

調べた結果は、今年も「少し汚い」。
鹿化川の変化をずっと追ってきてるこの調査。
来年はいったいどうなるでしょう?

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2011年06月24日

富田小学校で水生生物調査を実施しました。

本日は、富田小学校の4年生と十四川で水生生物調査を実施しました。
校庭のすぐ横を流れる十四川。
「入ったことがある人」と聞くと、次々に手が挙がります。

十四川に入ったことがある人?


富田小学校の近くの十四川は、川の下流部に当たり、
一見「生きものいるのかな?」と思いましたが、
調査を始めると、あちこちから「取れたよ!」という声が聞こえてきました。

調査開始


画像-018.jpg

網の中には生きものいっぱい


たくさん生きものを取った後は、川から上がって、取れた生きものをチェックします。
ハゼやフナの仲間などの魚や、ヤゴ、カワニナというホタルの幼虫にもなる貝もたくさん取れました。
そのほか、よーく、目をこらさないと見つけることのできない小さな昆虫や、伸び縮みするヒルの登場にも、子どもたちは興味津々で観察をしました。

どんなのが取れたか調べます


学校に帰ってからは、クラスごとに結果を発表しあって、
十四川がきれいなのか、そうじゃないのか、水質判定を行いました。

十四川の川沿いは、桜がたくさんあり、春にはお花見客でにぎわう場所です。
生きものは、今回たくさん取れましたが、
川には、ゴミもたくさん捨てられていて、少し残念な面もありました。

川に入ったのが初めてという子もいて、今回の調査を通して、身近な川への関心が少しは増したのではないかと思います。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2011年06月16日

八郷小学校4年生と朝明川の水生生物調査を実施しました

本日は、八郷小学校の4年生と川の先生で、八郷小学校近辺の朝明川の水生生物調査を行いました。
第1回目、第2回目の予定日が雨で延期となり、3度目にして、ようやく実施ということで、
子どもたちだけではなく、指導に当たる川の先生もドキドキしながらの実施です。

やっとできた!


川の先生に、生きものがいそうな場所や取り方のコツを教えてもらい、
クラスごとに調査を始めます。

調査開始!
茂みの中の生きものをさがします。


小さな生きものも見逃さないように、先生にチェックしてもらいます。
画像-024.jpg


次から次に、色んな生きものが網にかかり、バケツは生きものだらけ。
バケツを覗いてみると…

バケツに生きものいっぱい


生きもの採取を終えると、今度は、どんな生きものが取れたか調べます。

捕まえたものを調べます


取った生きものの記録が終わったら、学校に戻って、クラスごとに取れたものを発表し合います。
発表の後の質問コーナーでは、次から次に質問の手が挙がり、子どもたちが今回の調査を通して、川や、川の生きものに興味を持ってくれたのが分かります。

クラスごとに発表

朝明川は、八郷小学校のすぐ近くの川なので、ぜひ、今後も川についても興味を持続していってほしいですね。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2011年05月06日

中部西小学校で水生生物調査を実施しました

本日は中部西小学校の4年生と、三滝川の水生生物調査を実施しました。
川の生きものを調べることによって、水質を判定する水生生物調査ですが、
今年の三滝川はどのような水質か、三滝川にはどんな生きものがいるのか、子どもたちは興味津々です。

まず、川の先生から取り方の説明を受けます。
取り方を説明

その後、タモとバケツを持って、調査開始!
クラスごとに分かれて、生き物をさがします。
調査開始!
取れたかな?


生き物を採集したら、どんなものが取れたのか、調べます。
今日は、三重県の絶滅危惧種にもなっている、アユカケというお魚が取れました。
アユカケ


学校に戻ってからは、2クラスが集まって、結果発表!
水質は去年と同じ「少し汚い」という判定でしたが、
まだ涼しいせいか、昨年の調査より生き物の種類や数が減っていました。

質問タイムになると、子どもたちから次々に手が挙がりました。
質問ないかな?


今日の調査をきっかけに、子どもたちは、
普段はなかなか入ることのない、身近な三滝川のようすを
目で見て、体で感じて知ることができたようです。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2011年03月30日

常盤学童で紙すき講座を実施しました

今日は、常盤の学童保育所で、ゴミの講座と紙すきはがき作りを行いました。
学童の子どもたちは元気いっぱい。
四日市の人が1日に捨てるごみの重さも、みんなが持ちたがります。
ゴミ持ちたい!

ゴミをたくさん捨てている中でも、今回は紙すきをするということで、特に紙のゴミについてのお話をしました。
牛乳パックをリサイクルに出せば、その分、木を切って紙を作る量が減ります。

今回は、その牛乳パックがどのようにリサイクルされているのか、実際に体験しようということで、
牛乳パックを使った紙すきに挑戦してもらいました。

紙すきをするのは初めて!という子がほとんどで、1つ1つの行程が大変です。

水分をしっかり出すよ!


でも、自分だけのはがきが作れるのは、とっても楽しみ。
飾りに、葉っぱを入れてみたり、花型の紙を入れてみたりと迷いながら楽しく作りました。
デザイン迷うな〜


(たに)




posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2011年03月15日

四郷小学校で公害学習の出前講座を行いました

現在四郷小学校の5年生は、公害について勉強中。
本日は、そんな四郷小学校に、四日市再生「公害市民塾」の語り部のみなさんと一緒に伺いました。

既に、8時間を使って勉強を行っている四郷小学校では、
たくさんの質問をしようと、次々に手が上がりました。
四日市の公害裁判原告の野田さんや、写真などの記録をしてきた澤井さんなど
当時を知る方たちならではの、重みのあるお話を聞くことができて、
子どもたちの心にも強く残ったのではないでしょうか。

yogo (1).jpg

yogo.jpg



(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2010年11月12日

楠公民館で、ゴミ学習を行いました

本日は、楠公民館でゴミ学習の講座を実施しました。

まずは、センター職員の谷崎から、ゴミ問題についてと、四日市のゴミの現状についてのお話をします。

ゴミのお話

分別クイズ


本日参加された方は、環境意識も高いのか、しっかり分別についてもご存じで、クイズにも積極的に答えてもらいました。

お話の後は、お楽しみの牛乳パックを使った紙すき工作。
牛乳パックからフィルムをはがしたものを集め、ミキサーで水と混ぜます。

牛乳パックのリサイクル


溶かした紙の繊維を枠に流し込んで、あとは、自己流デザインを加えます。

工作風景

カラフルな落ち葉やクレヨン、紅茶の葉などを混ぜ込み、秋らしいものや、かわいいものなど、工夫を凝らして作ってもらいました。

オリジナルのデザインに・・・


完成!

牛乳パックは普段はリサイクルに出しているという方も多いものの、時には、目に見えるリサイクル体験も楽しいですよ♪
もちろん、牛乳パック以外にも、ヨーグルト容器や小さな紙パック飲料など、普段は捨ててしまうような紙容器も紙すき工作に使えますので、リサイクルできないものを使うのもお勧めです。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2010年10月24日

日永地区で和のエコバック作りを行いました。

10月23日。
日永社会福祉協議会にお招きいただき、和のエコバック作りを行いました。
最初に、当センターの職員からゴミのお話をしました。
1023h1.jpg

その後、着物の生地を使ったエコバック作りに挑戦です。
本日も、街かど博物館「針の花」の川北先生に材料を準備していただきました。
ミシンの準備と時間のこともあり、少し手を加えるだけになっています。
ミシンの得意な人、久しぶりの人、それぞれのペースで、助け合いながら作業を楽しんでいました。
1023h2.jpg

約1時間ほどで、皆さんオリジナルのエコバックが完成しました。
1023h3.jpg

作るのもエコ、使うのもエコの今回の和のエコバック。
あまりたくさんは入りませんが、ちょっとお出かけの時にバックに入れておくと便利です。
是非、使ってくださいね。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2010年09月21日

三重小学校で水生生物調査を行いました。

本日は、三重小学校の4年生と一緒に、海蔵川で水生生物調査を行いました。
環境学習センターで三重小学校での調査をするのは、なんと9年ぶり。
生きものが変わっているのか、いないのか、みんな興味津々です。

本日の説明


学校で調査の説明を受けた後、海蔵川に移動して、川に入ります。
川に入るよ!

ヒルに血を吸われる!と最初は怖々川に入ったものの、次第にみんな、生きものを取るのに熱中します。
取れた?

調査のようす

生きものを撮り終わったら、川の先生の指導で、取った生きものを、分類・判定します。

分けるよ!


分類した後は、同じ生き物の数をカウント!
1、2、3と子どもたちに数えてもらいます。
スジエビやトンボの幼虫(ヤゴ)、魚の稚魚などたくさん生きものが集まりました。

何匹取れたかな?

川の先生に聞いてみると、昔はもっと川が浅かったよう。
生きものも、昔に比べるときれいな場所に住む生きものが減っているようです。
普段、堤防から眺めるだけじゃ分からない、川の生きもののようす・変化を、今回の体験を通して学んでもらえたのではないでしょうか。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2010年09月14日

桜小学校で水生生物調査を行いました

本日は、桜小学校の4年生の学習の一環として、水生生物調査を実施しました。
まず、水生生物調査の説明をした後、姫御前橋・熊谷橋の2つに分かれ、2か所で調査を行いました。
桜小学校での水生生物調査は、初めての取り組みですが、毎年桜地区で川の生きもの調査を行っているので、川に入ったことがある子どもたちがとっても多い!

調査の説明


川に到着すると、タモの使い方を川の先生から教えてもらいます。
タモの使い方


その後、川の幅や速さ、水の温度などを調べます。

川幅調べ

川の状態のチェックが終わったら、生きもの調査の始まりです。
いざ、川へ
川へ



タモを片手に、草むらや石の裏など、小さな生きものや魚を探していきます。

たくさん生きものいるかな?


石の裏

タモに入ったのは…?


生きものを捕まえた後は、捕った生きものを「昆虫」「エビカニ」「魚」「その他」の4つに分けます。
分類します

エビカニはこれだけ!

それぞれ、担当の班ごとに、何がどれだけ取れたかチェック!


学校に戻ってからは、チェックした数を、集計表に記入します。
集計表に記入

その後、1クラスずつ取れた生きものを発表してもらいます。
発表


みんなの発表を聞いて、調査ノートにメモ!
メモ

今日は、桜小学校のみんなのちからで、30種類以上の生きものを捕まえることができました。
中には、絶滅危惧種にもなっている生きものがいて、矢合川にいる生きものがたくさんいたことに、みんな驚いたようです。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座