2012年08月22日

内部地区市民センターで竹風鈴作りをしました

本日は、内部地区市民センターでの夏休み工作として、竹風鈴を行いました。

参加してくれた小学生の子どもたちに、四日市市環境学習センター所長の山本から
最近はあまり身近な生活用品に使用されなくなった竹が増えていることや、
竹を利用することで他の森林の植物が育ちやすくなることについてのお話をしました。

takef-utube.jpg


その後、風鈴につける紙にみんなが今から出来るエコなことを、目標として書いてもらいました。


takef-utube (1).jpg



ひもを結ぶことが難しい子もいましたが、要領をつかめば上手に出来るようになりました。

takef-utube (3).jpg

みんな上手く出来上がりました。
竹で出来た風鈴はとても涼しげ。

みんなが考えた環境の目標も風に揺られ、
風鈴の音を聞くたびに、これからも環境のことを考えて工作したことを思い出してくれればと思います。


(インターン生 やまり)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年08月21日

人権プラザ赤堀で竹ハウス作りを行いました

人権プラザ赤堀で竹ハウス作りを行いました。
小学生対象の参加者で、みんな始まるのを楽しみに待っていました。

takehouse.jpg


最初に好きな竹を選んで紙やすりできれいに磨きます。

takehouse (1).jpg

takehouse (2).jpg


みんな思い思いの木の実の飾りをつけて、きれいな色づけを施してすてきな竹ハウスが完成しました。

takehouse (4).jpg

takehouse (5).jpg


(インターン生 やまり)

posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年08月09日

チリメンモンスターを探せ!を実施しました

本日は、富田地区市民センターでチリメンモンスターを探せ!を実施しました。

IMG_3831.jpg


ちりめんじゃこ――カタクチイワシの稚魚を取る漁で一緒に取れる色んな生きものたち(モンスター)がいることや
伊勢湾の環境、食べたり食べられたりする生きものたちの関係を学んだあと、
モンスター探しに挑戦しました!

今回は、大阪湾産の混じり物入りの食用外のものでチリモン探しに挑戦。
カニ・エビ・ちりめんじゃこ以外の様々な魚、よくわからない虫など色んなものが次々に見つかります。

カニの赤ちゃんの姿が全然違うことや、エビの赤ちゃんのふしぎな姿に子供たちは釘づけでした。


IMG_1531.jpg
IMG_1533.jpg

探す時間が終わったら、見つけたものをカードに張り付けて、作品に仕上げます。

帰りには、伊勢湾産の比較的混じり物が少しある食用のチリメンがお土産に。
家に帰っても、食べながらチリモン探しに挑戦できるようです。

帰る前に、カードに張り付けたチリモン達を顕微鏡で見てみます。
顕微鏡を使うことで、肉眼では分からない特徴がじっくり観察できたようです。

IMG_3875.jpg


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年08月04日

内部地区で水生生物調査を行いました

本日は、内部地区で毎年開催されている「内部川探検」に、川の先生と一緒に講師として参加しました。
10年以上続いている夏のこの企画。
今年の調査結果は、どうなるでしょうか?

DSCF6376.jpg


川の先生の指導で、少人数の班に分かれて、調査をします。

DSCF6380.jpg

ヨシノボリの卵を発見!
なんと、良く見てみると、目が見えます。

DSCF6387.jpg


子どもたちが集めてきたものを分けて、見てみると、ハグロトンボなどのトンボの幼虫や、
ヨシノボリ、タモロコなどの魚、カエルやエビ、小さな貝類などのいろんな生き物が取れました。

DSCF6392.jpg

今日初めて川に入ったという家族も多く、ぜひまた来年も川に入り、
身近な川に親しんでもらいたいと思います。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年07月29日

川島地区市民センターで水生生物調査を実施しました

本日は、川島地区の社会福祉協議会が毎年行う鹿化川探検に川の先生と一緒に講師として参加をしました。
今回は、6月に研修を行った新人・川の先生も7名参加し、大所帯での調査となりました。

毎年開催していますが、今回は初参加が多く、どんな調査になるのかドキドキです。


DSCF6267.jpg


ある程度生きものが取れたら、観察ケースを使って、生き物を横から見てみます。
上から見るのでは分からない、魚の模様や泳ぎが見れて、子どもたちの視線は釘付けです。

DSCF6277.jpg


DSCF6284.jpg


地区市民センターについた後は、何が取れたのか「探検ノート」にメモします。
なかなか名前が覚えられなくても、探検ノートを見れば、何が取れたのかが復習できます。

DSCF6290.jpg


今回の調査では、17種類の生きものを見つけることができました。
毎年の調査で鹿化川がどんなふうに変わっていくのか、
今後も川島の子ども達と一緒に調査していきたいと思います。
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年07月10日

下野小学校で水生生物調査を実施しました

本日は、下野小学校で朝明川の水生生物調査を実施しました。
下野小学校での水生生物調査は今回が初めて。
川に入るのが初めてという子も多い中、川の先生の指導で、タモの使い方を学んで、調査を始めました。
雨の後ということで少し水量が多く、生き物が取れるか心配されましたが、
次第に使い方のコツが掴めたようです。


shimonoe-s (2).jpg


shimonoe-s (4).jpg

生きもの採取の後は、取れた生きものを分類します。

shimonoe-s (3).jpg

川の先生の紹介で、取れた生きものをよーく観察します。
観察ケースに入れると、バケツの中では見えない、生き物たちの姿が良く分かります。

shimonoe-s (1).jpg

生き物の観察をした後は、学校に戻って取れた生きものの記録をします。

shimonoe-s.jpg


2クラス分を合わせると、カワゲラなど綺麗な所に棲む生きものも取れましたが、
スジエビやコオニヤンマなど少しきたないとことに棲む生きものが多く、
水質判定をすると「少しきたない」という結果になりました。

朝明川には、魚や昆虫など色んな生きものがたくさん棲んでいます。
これからも、豊かな朝明川を残していくためにも、
しっかり今回の調査で、川の生き物に親しんでもらえたのではないでしょうか。
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年06月26日

常磐西小学校で水生生物調査を実施しました

本日は、常磐西小学校で、前回の水の授業に引き続いて、学校の近くを流れる鹿化川を調べる「水生生物調査」を実施しました。
総合学習で川についてずっと勉強をしてきましたが、川に入るのは今回が初めて。

tokiws (1).jpg


タモの使い方を川の先生のお兄さんから教わり、生きものの捕まえ方を覚えます。

tokiws.jpg

川に降りたら、班ごとに協力し合って調査を始めます。
tokiws (2).jpg


tokiws (3).jpg

川から上がったら、取れた生きものを分類して、何がどれだけ取れたのか、メモします。

tokiws (4).jpg width=tokiws.jpg


子どもたちの調査では、オイカワやアブラハヤ、ドジョウなどの魚のほか、
指標生物では、カワニナやスジエビ、アメリカザリガニ、ヒルが取れ、
今日の調査では、鹿化川の水質は「少しきたない」という結果になりました。

今回の調査では、子どもたちの興味の中心のカメには出会えませんでしたが、
なかなか身近にあるものの、上から眺めるだけだった鹿化川に入り、
前よりも鹿化川を身近に感じることができたのではないでしょうか。
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年06月12日

川島小学校で水生生物調査を実施しました

本日は、川島小学校の4年生と鹿化川の水生生物調査に挑戦しました。
川島小学校での調査は1年ぶり。
生きものや水質はどう変わっているでしょうか?

4クラスの大所帯なので、上流グループと下流グループに分かれて調査をします。

鹿化川での調査

kawasi-kabas (3).jpg


見つけた生きものは、観察ケースで観察!
バケツの上からでは分からない模様が良く見えます。

kawasi-kabas.jpg


学校に戻ったら、調査ノートに、取れた生きものを記録します。
ヨシノボリやメダカ、カマツカなどの魚や、ゲンジボタルの成虫などが発見できたと、みんなに報告します。

kawasi-kabas (1).jpg


上流と下流とで調べた結果は、上流は少しきたない、下流は汚い〜たいへん汚いという結果になりました。

いろんな生きものもいた鹿化川ですが、
前に調べた時よりも水質が少し悪くなっているようです。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年06月02日

ホタルの観察会を実施しました

本日は常磐地区市民センターで「ミステリー・ナイト・ツアー」と題したホタルの観察会がありました。
予定よりもたくさんの参加者が常磐地区市民センターに集まりました。

ホタルの観察会ということで、四日市市環境学習センターの谷崎が
ホタルの紙芝居を使ってホタルの生活をクイズを交えて紹介します。

ホタルの紙芝居

ホタルのお話が終わったら、今度はホタルの観察場所へ向けて出発!
暗い夜道をみんなで歩きます。
途中、神社で一休み。
今回のタイトルがミステリー・ナイト・ツアーということで、
夜の神社で地元の方から常磐地区の歴史のお話を聞き、
その後、夜に活躍する”ある生き物の“クイズを実施しました。
女子大生などの協力もあり、クイズは大盛り上がり


休憩が終わったら、今度こそ観察場所へ。
ミステリー・ナイト・ツアー

スーパーやコンビニを過ぎてすぐの場所で、最初のホタルを発見!
道を進むごとに、次々とホタルの姿が増えていきます。


CIMG2848.jpg


ホタルGET!

古くから使われている水路がホタルの幼虫たちの生活場所になっているということで、
水路のなかの生きもののミニ調査も実施。
水路にいた魚やホタルの幼虫のエサになっているカワニナを観察しました。

水路には大きな魚の姿も!


最後は、窪田神社に集まり、常磐の歴史ミステリーを聞きます。

夜の神社で語られる歴史ミステリー


夜にしか見ることのできない常磐の自然や、神社での歴史講座など
内容満載のミステリーナイトになったのではないでしょうか。
(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2012年06月01日

富田小学校で水生生物調査を実施しました。

本日は、富田小学校の4年生が水生生物調査に挑戦しました。
今日調べるのは、学校のすぐ隣を流れている、十四川。
桜の名所でも知られているこの川にはどんな生きものがくらしているのでしょうか?

富田水生生物 (4).jpg


早速調査を開始すると、あちこちで「取れたよ!」という声が。

富田水生生物 (3).jpg


富田水生生物 (6).jpg


時間が来て、川から上がったら、どんな生きものがいたのか川の先生とチェック。

富田水生生物 (5).jpg


貝が何個取れたか、数えます。

富田水生生物 (2).jpg



最後は、クラス全体での結果をまとめて、取れた生きものの種類と数を調べることによって
川の水質判定を行います。
富田水生生物 (1).jpg

その結果によると・・・十四川は、残念ながら「大変きたない川」となってしまいました。
どうして水が汚なくなるのか、もっと綺麗な川にするためにはどうしたらいいのか、
子供たちへの問題提起になった調査でした。

(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座