2013年08月03日

内部地区で水生生物調査を行いました。

本日は、内部地区社会福祉協議会からの依頼で内部地区を流れる内部川の水生生物調査を実施しました。
毎年実施しているこの調査。雨が少ない今年は、どんな結果になるでしょう?

内部地区市民センターに集まって、水生生物調査のやり方についてのお話を聞いたら、内部川へ出発!

utube13 (4).jpg


川に着いたら、川の状態のチェックの後、川に入って生きものを探します。
草むらをガサガサしてみたり、
石の裏をひっくり返したりして、生きものを探します。

utube13 (2).jpg
utube13 (3).jpg


30分探したら、どんな生きものが取れたのか、観察します。
川の先生に、生きものの名前を教えてもらいます。



調査が終わったら、地区市民センターに戻って、
取れた生きものの種類と数を記録して、水質判定を行います。

utube13 (5).jpg


今年の内部川の水生生物調査の結果、
内部川は「たいへん汚い」(4段階中最下位)という結果となりました。
昨年度までの「ややきれい」という結果から、2段階も悪くなってしまいました。
今年は、雨が少ないため、川の水質も悪くなりやすいので、
家庭でも汚れたものを川に流さないようにする取組みが大切だと、学習できました。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年07月30日

富田地区市民センターで「チリメンモンスターを探せ!」を実施しました

本日は、富田地区市民センターからの依頼で「チリメンモンスターを探せ!」を行いました。
まず初めに、チリモンがなんなのかや、四日市周辺の海について、クイズを交えて勉強します。

DSCF9751.jpg
DSCF9761.jpg


お話が終わったら、早速、チリメンジャコの中から、モンスター探しを始めます!

DSCF9763.jpg

富田で漁師をしてきた方が来てくれる、楽しいサプライズも!
昔の漁の方法をお話してくれました。
DSCF9775.jpg

いろいろ見つけたら、カードに見つけた生きものを貼っていきます。
DSCF9786.jpg

自分だけの、「チリモンコレクションカード」を作りました。
分からない魚の名前も、地元の漁師の方に聞けば、たちまち判明します。

DSCF9787.jpg


じっくり探してみると、
似ているように見えても、実は色んな生きものが海の中にいるのが分かります。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年07月28日

川島地区で水生生物調査を行いました

本日は、川島地区社協主催の「鹿化川探検」で、水生生物調査を行いました。
毎年夏休みに行われているこの調査。

今年も集まった川島の子たちと鹿化川を調べます。
川の先生に生きもののとり方などを教えてもらい、調査開始!

DSCF9736.jpg

捕まえた生きものを観察ケースでしっかり観察します。
DSCF9740.jpg


本日は、ゲンジボタルが取れたものの、
ユスリカやサカマキガイ、アメリカザリガニなどの水質の汚いところの生き物が多く、
今年の水質判定の結果は、最も汚い「大変きたない」という判定になりました。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年07月24日

あさけプラザで四日市公害学習を行いました。

本日は、あさけプラザで、四日市公害についての出前講座を行いました。
まず、四日市公害のあらましをお話します。

DSCF1825.jpg

その後、四日市公害の語り部、四日市再生「公害市民塾」の澤井さん、山本さんに
当時のお話を伺いました。



(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年07月21日

楠公民館で「鈴鹿川探検」を実施しました

本日は、楠公民館からの依頼で、「鈴鹿川探検」を実施しました。
今日みんなで調査をしたのは、楠町を流れる、鈴鹿川の派川にある干潟地域。

干潟には、カニ・カニ・カニの姿がたくさん。
「アシハラガニ」という種類のカニが所狭しといて、
子どもたちがたくさんカニや貝、お魚を取ることができました。
DSCF9565.jpg

バケツにカニと貝を入れておくと、いつの間にやら、ムシャムシャと貝を食べるカニの姿も。
ハサミを使って、器用に貝殻を破り、中の身を食べていました。

DSCF9564.jpg

画像-003.jpg


生きものをたくさん取ったら、何が取れたのか、川の先生と一緒に教えてもらいます。
6種類のカ二のほか、ハゼや貝、エビなど色んな生きものを観察することができました。

画像-018.jpg


水生生物調査としては、ヤマトシジミやイシマキガイなどが取れ、
川の水は「ややきれい」という結果。
意外な結果に子どもたちも驚いたようです。
今回は、ちょっと珍しいカニも取れて、
身近な干潟・川が自然豊かな場所なんだと感じてもらえたのではないでしょうか。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年06月21日

中央小学校で水の環境学習を行いました

本日は、中央小学校の4年生に、「水がどうして汚れるのか」ということについて、出前授業を行いました。

水が汚れる仕組みなどをお話した後、パックテストを使って、
水の中にどれだけ「汚れのもと」が入っているのか、調査してみました。

DSCF9192.jpg


三滝川の水と普段飲んでいる牛乳の中に、
窒素やリンなどのよごれの元になるものがどれだけ入っているか、みんなで調べてみます。

三滝川の水の窒素やリンの量は高い値ではありませんでしたが、
牛乳に意外とリンがたくさん含まれていることが分かりました。

身近な飲み物をしっかり最後まで飲むことで、川の汚れを減らすことに繋がると学んでもらえたのではないでしょうか。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年06月18日

常磐西小学校で水のお話をしました

本日は、先日水生生物調査でお邪魔した常磐西小学校に行ってきました。
先日の水生生物物調査の各クラスで取れたものを振り返って、

DSCF9164.jpg

各クラスの水生生物調査の結果を発表してもらいました。
調査の結果は、
DSCF9167.jpg

3クラス中、2クラスが4段階中一番汚いという指標の生き物が多く取れ、
「大変きたない」という結果になってしまいました。

そこで、どうして水が汚れるのか、というお話をセンター職員の谷崎が話します。


DSCF9169.jpg

意外な、水を汚す元に、普段の生活を子どもたちに振り返ってもらい、
自分たちにできることを考えてもらいました。

すぐそばの川の生き物たちと自分たちの生活が繋がっているということを
今回の水生生物調査を通して、知ってもらえたのではないでしょうか。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年06月12日

下野小学校で水学習を行いました

本日は、下野小学校の4年生に出前授業で、水が汚れる仕組みのお話と実験を行いました。
前回は、生き物で、朝明川がきれいかどうかを調べてもらいましたが、
どうして川が汚れてしまうのか、汚れの元にはどんなものがあるのか学んで、
パックテストを使って、今回は実験してみます。
子どもたちは、家から持ってきたお米のとぎ汁やみそしる、井戸水、牛乳、ジュースなど
色んな種類の水を集めまてきました。

DSCF9095.jpg


実験をやってみて、みそしるやジュース、牛乳などの汚れの多さに驚き、
これからは飲み残しをできる限りしないようにする、動機づけができたのではないでしょうか。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年06月11日

富田小学校で水生生物調査を行いました。

本日は、富田小学校の4年生と富田小学校のすぐ前を流れる十四川の水生生物調査を実施しました。
学校で、調査前の注意事項を聞いたら、クラスごとに分かれて、近鉄富田駅の上流・下流に分かれて調査をしました。

富田小学校水生2013 (5).jpg

雨が少ない今年は、十四川の水量もいつもよりさらに少なく、
本日の十四川には、藻が一面に生えています。
そんな十四川に入り、こわごわ、生き物がいるのか探してみます。
富田小学校水生2013 (8).jpg

タモを水の中に入れ、ガサガサして川から上げると、
タモには、川を埋め尽くす藻が、どさっと入ります。
富田小学校水生2013 (1).jpg

あまりの量の藻に、生きものがいないかと思ってしましますが、
よーく見ると、小さな虫や魚、アメリカザリガニ等が引っ掛かっていて、
それをバケツに入れていきます。

富田小学校水生2013 (6).jpg

調査時間が終了し、川から陸に上がると、種類ごとに生きものを分類します。
種類ごとに分けてみると、たくさん取れたものが一目瞭然。
アメリカザリガニは今回、たくさん取れたようです。
アメリカザリガニがたくさん!

そのほか、どんな種類の魚や昆虫が取れたのか、川の先生から教えてもらいます。

富田小学校水生2013 (3).jpg

学校に戻ったら、クラスごとの結果をまとめ、4クラス全員が集まり、全体での結果を共有しました。
十四川の調査を始めて、今年で3年目になりますが、
今年も、昨年の結果と同じく「大変きたない川」という水質判定の結果が出てしまいました。

富田小学校水生2013.jpg


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座

2013年06月07日

下野小学校で水生生物調査を実施しました

本日は、下野小学校の4年生と朝明川で、水生生物調査を実施しました。
学校からは少し離れた朝明川に向かい、みんなで出発!

下野小学校.jpg


今日の朝明川は、水の量が少ないけど、砂質の川底なので、場所によっては足がズボっと沈みます。
そんな川の中を歩きながら、どんな生きものがいるか、みんなで調べてみます。

下野小学校 (3).jpg

網を覗いてみると、ヨシノボリの仲間やカマツカなどの魚やヤゴやエビの仲間など、
色んな種類の生き物が取れました。
下野小学校 (2).jpg


その後、観察ケースを使って、どんな生きものなのか観察します。
下野小学校 (1).jpg

学校に戻ってからは、2クラスとも集まって、お互いのクラスの結果を共有し合いました。
下野小学校 (4).jpg


例年、朝明川では、水質を判定する指標生物があまり取れませんが、
今回は、数が少ないなららもナガレトビケラやヘビトンボなどの水生昆虫が取れ、
結果は、水質階級1の「きれいな川」になりました。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座