2010年10月02日

南部丘陵公園で植樹イベントが行われました。

本日は、南部丘陵公園にて、四日市大学自然環境教育研究会と四日市市文化協会の主催で植樹イベント「森に木を植えよう」が実施されました。

地元の方を中心に、300人を超える参加者が集まりました。
植樹に集まった人たち


まずは、トンボ博士の石田先生より、生物多様性についてのお話を聞きます。
トンボ博士のお話

その後、コブシを植える人と紅葉を植える人に分かれて、植樹を始めます。
まずは、植える場所を掘ります。
これが一番大変!
穴掘り

もう植えてもいいかな?

植える穴が空いたら、苗木を入れて、土をかぶせます。

木を植えるよ


その上に、腐葉土をかぶせて、水をあげます。
腐葉土をかぶせて…

植樹が終わったら、木札にメッセージを書いて、杭にくくりつけて完成!
メッセージを書こう


最後はみんなで記念撮影。
今日植えた木が、南部丘陵公園の新しい森に加わって、新しい生物多様性が生まれるといいですね。
PA020611.jpg


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2010年09月14日

グリーンカレッジみえ 4期生募集(11月開講)

地球温暖化について、いっしょに考えてみませんか?
グリーンカレッジみえ 地球温暖化対策講師養成講座のお知らせです。

「グリーンカレッジみえ」では、2007年から毎年、地球温暖化対策について、子供たちや、  地域の人々に正しく伝えるボランティア講師の育成のため、地球温暖化対策講師養成講座を開催しています。
今年が、4期目となり、修了生もT.2.3.期生で42名にのぼり、子供たちを対象に県内各地で活動しています。

エコに関心があり、社会活動をしてみたいという方、無料の講義ですので、ぜひお気軽にご参加ください。
受講希望の方は、申込書に必要事項を記載し、E-mail で事務局 内藤までお送りください。

内藤E-Mail:m-sunsun@zc.ztv.ne.jp
チラシ
応募用紙
posted by 四日市市環境学習センター at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2010年06月12日

東邦ガス夏休み企画 エコ・クッキングのお知らせ

東邦ガス(株)主催のエコ・クッキング教室が開催されます。
夏休みに親子で一緒に料理を作りながら、地球温暖化や、エコ・クッキングについて考えましょう。
親子で楽しい夏の思い出作りにいかがですか?

★四日市会場★

日 時 8月5日(木)10時〜13時
場 所 東邦ガス四日市営業所2階
対 象 小学生以上の親子
応募締切 6月28日(月)

メニューや応募方法など詳しくは、東邦ガスのホームページをご覧ください。
posted by 四日市市環境学習センター at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2010年06月05日

海蔵川探検隊うみくらの活動紹介

四日市の中央部を流れる海蔵川。
その海蔵川の自然を調べたり、生きもの観察などを行うのが、「海蔵川探検隊」通称・”うみくら”です。

今日は、このうみくらの活動にセンター職員の谷崎がお邪魔して来ました。
本日は、四日市大学の学生たちと、海蔵川の生きものを調査しました。
捕まえた魚の一部は、四日市大学の中にあるビオトープに放流する予定なので、学生たちも力が入ります。

今回の調査場所は、西坂部の代官橋下流。
堰の下で調査を行います。
調査場所

ズボンをまくりあげて、生きもの取りを始めると、みんな子供のように目を輝かせています。
中には、ズボンがずぶぬれになっても生きものを取るくらい熱心な学生も・・・



うみくら隊員や学生たちの活躍もあり、20種類以上の生きもの、魚や昆虫たちが取れました。
しかし、うみくら隊長の川瀬さんによると、今回は少し種類が少ないとのことでした。


観察ケースを使って、取れた生きものを詳しく見てみます。
取れたものをチェック
観察ケースに入れた生きものを見る四日市大学の学生


魚では、メダカやオイカワ、ヨシノボリなど。
メダカ

オイカワ


昆虫では、ハグロトンボなどを中心としたトンボの幼虫(ヤゴ)、ヒラタドロムシ、トビケラやカワゲラなどが取れました。
エビも大量で、スジエビのみならず、アメリカザリガニも取れました。
中には、ヒルやユスリカなど、汚い水に住む生きものなども取れました。

四日市大学のビオトープには、今回捕まえたヨシノボリを放流予定。
これから、大学生たちの手が加えられていくビオトープの今後が楽しみですね。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2010年05月02日

御池沼沢の自然観察会

現在、環境学習センターで写真展を行っている、御池沼沢では、よっかいち緑の会が主催する観察会が4〜11月まで毎月開催されています。
5月は、環境学習センタースタッフのたにと所長がお邪魔し、一緒に参加させていただきました。

連休中にもかかわらず、御池沼沢には沢山の人が集まり、春の御池沼沢の自然を満喫しました。

御池沼沢の観察会の始まり

御池沼沢の解説


今回の観察会では、写真展でも紹介されている貴重な植物が生息する場所の紹介や、この季節でしか見ることのできないかわいい花などをたくさん紹介いただきました。

虫たちも春を喜ぶ

スミレ


シャガ

サルトリイバラ


モウセンゴケ



御池沼沢の西部は、近年、竹の繁茂が心配されています。
春にめいいっぱい大きく成長する竹は、たくさんの水を必要とします。
そのため、水をたくさん必要とする湿地の近くに竹が増えると湿地がなくなってしまうことが心配されます。
今日は、そんな竹を折って、お持ち帰りして、美味しくいただくことにしました。

子どもたちも、竹を折るのに協力!
大きな竹は、3人で力を合わせてやっと折れました。


えいや!と竹を倒す こんなにおっきい!




(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2010年02月26日

3月5日・低炭素社会シンポジウムのご案内

3月5日に、四日市市文化会館にて、低炭素社会シンポジウムをテーマとしたシンポジウムが開催されます。
近年注目されている温暖化問題や、企業における市民活動と企業との連携、企業の環境経営についてなど分科会に分かれて様々なお話を聞くことができます。
定員にまだ空きがありますので、ぜひお申し込みください。

++++++++++++++++++++++++

日時:3月5日(金)12:30〜16:00 
場所:四日市市文化会館
基調講演:「エネルギーと環境の国際動向」寺島実郎氏(財団法人日本総合研究所会長、多摩大学学長、株式会社三井物産戦略研究所会長)
分科会:
・地球温暖化対策の推進と産業競争力強化の両立〜グリーン・イノベーションの創出に向けて〜
・サステナブル経営セミナー〜低炭素社会に向けて企業が目指すべき環境経営〜
・企業等多様な主体による森林づくりとCO2の吸収
・企業と市民活動団体が連携協働で進める低炭素社会づくり
※「みえ・環境活動賞」受賞団体の展示を同時開催
 
参加費:無料
主催:三重県、四日市市、財団法人三重県産業支援センター

参加のお申し込み・詳細については、下記ホームページをご参照ください。

http://www.miesc.or.jp/innovation/teitannso/seminar3-5.htm

posted by 四日市市環境学習センター at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2010年01月17日

四日市港のアマモ植えに参加しました!

みなさんは、「アマモ」という名前を聞いたことがありますか?
アマモ、とは、海の中に生える植物(海草)で、水質の浄化のみでなく、海にすむ生きもののえさ場や産卵場など、健康な海に欠かせない植物です。
四日市にも昔はあったアマモ場ですが、沿岸域の埋め立てや護岸工事、水質の悪化で全滅してしまったそうです。
今日は、そんなアマモが育つ美しい海を四日市に取り戻そうと、三重県水産資源室と四日市港管理組合の主催で、四日市港へアマモの種まきを行うイベントが行われました。
環境学習センターのスタッフ・たにもこのイベントに参加してきましたので、その様子を紹介したいと思います。

このケースの中の黒っぽいものがアマモの種です。
アマモの種


今回は、このアマモの種が浮かんだり・飛び散ったりしないよう「アマモパック」を作って種まきを行います。
まずは、このアマモパック作りを行いました。

ガーゼの上に土と種を載せて、目印にするオレンジ色の石、麻マットをのせて、栗きんとんのように包みます。
このガーゼや麻マットなどは、自然に分解して、最後には種とオレンジ色の石が残ります。

材料を載せて・・・
完成!


参加者、総勢32名で力を合わせて、アマモパックが約400個できました。

これがあと2つ!




このアマモパックを投入するのは、四日市港の中の米洗(よない)川河口付近。赤いマル印付近です。

ポートタワービルの14階から撮りました!



海からアマモパックを入れる人は、ウェーダー(靴とズボンの繋がった防水服のようなもの)を着て、海にじゃぶじゃぶ入りました。
地面がぶよぶよで、ヘドロに足を取られると、思わず「おっとっと」とよろけてしまいます。
種が芽を出すように、勢いをつけて「えい!」とアマモパックを投げます。

アマモパックをとって・・・

えい!



海に入らない人は、岸から海へ投入します。

岸からも投げます

アマモが芽を出すまでには、あと2週間ほどかかるそうです。
今日投入した種が、四日市の海で無事芽を出すことを願いたいと思います。


(たに)


posted by 四日市市環境学習センター at 18:10| Comment(0) | 四日市の環境イベント紹介

2009年10月16日

海蔵川探検隊うみくらの野鳥観察会のご案内

うみくら恒例の海蔵川での野鳥観察会が開催されます。
毎年、カモやカワセミなどたくさんの野鳥が観察できます。
ぜひ、ご参加ください。

日 時 :平成21年11月3日(祝)
    10:00から12:00 雨天中止
集合場所:海蔵川 代官橋(四日市市西坂部町)
  駐車場有り 9時50分までにお越し下さい
  代官橋上流で観察します
参 加 :どなたでも参加できます(参加費無料)
小学3年生以下のお子さんは、保護者同伴
先着20名まで受け付けます
申込み :不要です。当日現地でお待ちしております。
くわしくは、うみくらのホームページでご覧ください。
HP:http://www.geocities.jp/umikura17/index.htm
posted by 四日市市環境学習センター at 14:55| Comment(0) | 四日市の環境イベント紹介

2009年09月02日

伊勢湾再生フォーラム〜イルカと暮らす海へ〜のご案内

四日市の海にアマモを植えるなどの環境活動を行っている、社団法人 四日市青年会議所が主催するイベントを紹介いたします。
なかなか直接お話を聞く機会のない方の貴重な講演がありますので、ぜひぜひご参加ください!

日時:9月13日(日)13:10〜
場所:四日市港ポートビル2階
講師:第1部 古谷千佳子氏(海人写真家)
   第2部 中村幸昭氏(鳥羽水族館名誉館長)
   第3部 吉岡基氏(三重大学生物資源学研究科 教授)
参加費:無料
お申し込み締め切り:9月8日(火)
主催:社団法人 四日市青年会議所
後援:国土交通省 中部整備局 四日市港湾事務所
   三重県、四日市市、菰野町、川越町、朝日町

【お申し込み・お問い合わせ先】
社団法人 四日市青年会議所 環境委員会
〒510-0085 四日市市諏訪町3−16東歯科ビル3F
TEL:059-351-2544 FAX:059-352-7265
E-mail:kankyou@yokkaichi-jc.or.jp
URL:http://www.yokkaichi-jc.or.jp/index.html

以下の項目をFAX、またはE-mailでお申し込みください。
@代表者の氏名(ふりがな)A住所B電話番号CFAXDE-mail
E同伴者全員の氏名(ふりがな)
※中学生以下は保護者同伴
posted by 四日市市環境学習センター at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介

2009年07月15日

ウェルカメよっかいちの8月の活動紹介!

ウェルカメよっかいち主催で、吉崎海岸の早朝清掃を行います。
夏休みのこの機会に参加して、まとめて自由研究にするのもGood!!
毎回、清掃の後、いろいろおたのしみ企画を用意してくれているみたいです。
今回は、何かな?

四日市にウミガメが来る?
実は、楠町の吉崎海岸はアカウミガメの産卵地で、平成15年6月19日に62個の卵が確認されています。
でも、最近ウミガメの姿を吉崎海岸で見ることができなくなりました。
ウミガメが来る海岸にするためには、砂浜のゴミをなくすことなどの取り組みが必要です。
ウェルカメよっかいちは、砂浜の清掃を行って、もう一度四日市にウミガメの来る砂浜を取り戻そうという取り組みです。
ぜひ、一度参加してみましょう!

8月のテーマは、「ウミガメ」だよ。
日 時:8月2日(日) 午前7時〜9時
     雨天の場合は9日に延期
集 合:四日市市楠町 吉崎海岸
     磯津漁港奥灯台前のあずま屋に集合
持ち物:水筒、運動靴、軍手、帽子、タオル(清掃道具はあります)
*吉崎海岸には、トイレがありませんのでご注意ください。
講 師:三重大学ウミガメ・スナメリの調査・保全グループ「かめっぷり」のみなさん

詳しくは、ウミガメ保存会さんの「かめ・かめ博物館」のホームページをご覧ください。
ホームページはこちら。
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四日市の環境イベント紹介