2013年06月22日

第2回ステップアップエコカレッジを開催しました。

今回のテーマは、水を取り巻く環境です。
午前中の講座は、三重大学人文学部准教授の谷口智雅さんより、河川の流量からわかる水環境についてお話しいただきました。

画像 001.jpg

最初に、水循環の基礎的なお話しと水問題についてお話しいただきました。
人間の暮らしに水は必要不可欠なものです。
身近な水環境である川は、利水・治水などに重要な役割を果たしています。
川の環境といえば、一般的に生物の生息状態や水質汚濁などに注目されますが、川の水を利用する上で、使える量を知るということもとても重要で、
「この川にはどれぐらいの水があって、どの程度利用して良いのか」計画して利用しなければ、そこに生息する生物にも影響します。

そこで、実際に使用する流量計などを使って、河川の調査の仕方やこれまでの調査結果をお話ししていただきました。

画像 007.jpg

午後の講座は、環境カウンセラーの長尾計昌さんを講師にお招きし、ワークショップを行いました。
リーダーとして、講座を行う場合の手法について、実際に体験をしながら学びました。
最初に、じゃんけんを使ったアイスブレイクを行い、アイスブレイクの意義を学びました。

画像 014.jpg

その後、四日市の河川の水質についてお話しいただきました。

画像 011.jpg

次に、水学習のためのエコ工作として、「ペットボトルを使ったホバークラフト作り」を行いました。
ペットボトルにドリルで穴をあけ、風船とCDを付けて完成です。

画像 018.jpg

画像 022.jpg



最後に、先生が用意してくださったハーブティとおかしをいただきながら、和やかな雰囲気でリーダーとしての役割などについて学びました。

画像 026.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年06月15日

エコまつりを開催しました。

市内で環境保全活動に取り組んでいる団体や企業にご協力いただき、市民に工作やクイズ、実験などを通して環境について学んでもらうイベントです。
今年は、本フロア―4階に加え、1階のホールを借りてブースを増やし、飲食ブースも拡大して行いました。
500名を超える方にお越しいただき、1日楽しくすごしていただきました。

1階のホールでは、造家工房 亀井さんの木でできたジャングルジムが中心にあり、子どもたちが元気に登っていました。

i (46).jpg

科学サークル大黒屋さんの磁石で魚釣りのコーナーもひそかな人気です。

a (35).jpg


緑の会羽津さんの竹や木の実を使った工作体験は、予定数がすぐになくなってしまいました。

i (55).jpg

中部電力さんのコーナーは、自転車で発電体験ができました。

a (37).jpg

毎年、一番人気なのが、四日市西高校の矢合川の生きものの水族館です。
他にも、三重大学環境ISOの学生さんのゴミ分別のゲーム。
北勢地域インタープリター協会のサボテンの寄せ植え体験。
WDBエウレカさんは、ペーパークロマトグラフィーを使ってアサガオづくりなどなど。

4階までの移動は、エレベーターではなく階段を使ってもらおうと、キーワードクイズにしました。
階段ごとのキーワードを知るためには、階段で上がるしかありません。
元気な子供たちとともに、大変といいながらもお母さんたちも階段で来てくれました。
帰りも階段でね。

4階には、飲食コーナーがあり、焼きそば、パン、味ご飯を販売していただきました。
どれも、お昼には売り切れてしまいました。

IMG_2840.jpg

IMG_2857.jpg


四日市自然保護推進委員会のコーナーでは、いろんな顕微鏡を使って植物などを観察していました。

i (14).jpg

今注目の内部線、八王子線クイズも。

IMG_2824.jpg

中村建設さんの木の積み木やウミガメ保存会さんのウミガメのおもちゃすくいも毎年人気です。
a (57).jpg

a (59).jpg


ナチュラル工房にわとり屋さんでは、貝がらと木の実のストラップを作りました。

a (56).jpg

マックスバリュさんのマイバック作りもありました。
a (61).jpg

今年も、東邦ガスさんのエコ・クッキングがありました。
事前申し込みで、たくさん応募がありましたので、抽選させていただきました。
親子で仲良く「チョコとくるみのマフィン」を作っていました。

a (53).jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年06月09日

6月の自然観察会を実施しました

本日は、6月の自然観察会・鈴鹿川河口の干潟部の観察を行いました。
楠の中央緑地公園に集まり、鈴鹿川派川の河口部へ移動します。
楠の南部浄化センター近くから降り、まずは、カニや魚を探します。


自然観察会楠干潟 (1).jpg

自然観察会楠干潟 (2).jpg


石と石の隙間に逃げ込んだカニを必死に追いかけたり、
タモを上手に使って魚やエビを捕まえたりと、生きものを集めます。

ある程度集めたら、どんなものが取れたのか、先生に教えてもらいます。
自然観察会楠干潟 (3).jpg

ベンケイガニやイソガニ等のカニやボラの稚魚やマハゼなどの魚が取れました。
ボラの稚魚


また、もう少し河口側に場所を移せば、アシハラガニなど違う種類のカニも発見!

アシハラガニ

同じ干潟近くの場所でも、石がごろごろしている場所と、砂が多い場所、ヨシが生えている場所と色んな環境があって、それぞれ棲んでいる生きものが違うことが分かりました。
砂浜に着いた時には、「すごい臭いがする!」と思ったら、
スナメリの子どもの漂着死骸があり、参加者を驚かせました。
今回は死んでしまっているスナメリですが、
スナメリは、伊勢湾内に多数生息していて、四日市の近くにもやってきているんだと、感じられたのではないでしょうか。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年06月08日

ステップアップエコカレッジが始まりました。

環境リーダー養成講座「ステップアップエコカレッジ」が始まりました。
この講座は、全7回で、地域で環境保全活動を行う人材を育成する講座です。

7回の講座で、水や大気、ゴミ問題、自然保護、まちづくりについて学びます。

画像 001.jpg

講義の前に、アイスブレイクとして、自己紹介のワークショップを行いました。
じゃんけんをしてランダムにペアとなり自己紹介をします。
お互いを知ってもらうと共に、会場内もうちとけた雰囲気になりました。

画像 013.jpg

1回目の講座は、「環境問題とESD」のテーマで、環境問題には、どういったことがあるのかを確認していただきました。
講師は、四日市大学エネルギー環境教育研究会の矢口芳枝さんです。

午前中の講義では、日本のエネルギー事情や国の施策や国連の指針などから、日本のCO2削減目標についてお話しいただきました。

画像 018.jpg

午後からは、水や食べ物などさまざまな環境問題の具体的な項目をいくつか取り上げお話しいただきました。
その後、「どんな環境問題があるか」「その項目について解決策」をテーマにグループ討議を行い、付箋を使って模造紙にまとめていきました。

画像 022.jpg

どのグループも1回目の講座とは思えないほど、うまくまとめられていて、環境問題に関して意識が高く、すでにさまざまな行動を実行していることがわかりました。

画像 032.jpg

画像 048.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年06月02日

ライフスタイル革命〜夏の省エネ・エコライフを開催しました。

四日市大学エネルギー環境教育研究会の矢口芳枝さんから、
夏に向けて、普段の生活を見直し、温暖化防止対策となる省エネにつながる工夫などについて学びました。

画像 005.jpg

これから、夏になるとエアコンの使用量が増え、電気の使用量が多くなります。
資源エネルギー庁のデータでは、夏は、午後1時から3時の間が電力使用のピークになります。
この間をうまく節電できると良いそうです。
たとえば、扇風機を併用することで、エアコンの温度設定を少し高めに設定しても、涼しく感じられ、電気代も節約できるそうです。
グリーンカーテンで少し日射をさえぎったり、スーパーや図書館に出かけたりするのも一つの方法です。

節電のために、無理してエアコンを使わず、熱中症になったりと体調を崩してしまっては、本末転倒です。
出かける前には、早めにクーラーを切ったりする程度で、無理をしない程度に節電をすることが大切です。

また、照明器具を交換する際には、LEDなどの省エネ仕様のものに切り替えたりするのもいいですね。

最後に、ゴーヤの育て方のワンポイント講座を行い、
参加者の方に、グリーンカーテン用にゴーヤ苗をお持ち帰りいただきました。
これからの暑い夏を上手に節電しながら乗り切っていただけたらと思います。

画像 015.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年06月01日

やってみよう!みどりのカーテンを開催しました。

市内の地区市民センターを回り、グリーンカーテン講座を開催してきましたが、関心があっても、平日だったために参加できなかったりという方のために、ショッピングセンターでゴーヤ苗の配布を行いました。

画像 007.jpg

今年は、アピタ四日市店さんとイオンモール四日市北さんにご協力いただき、配布を行いました。

画像 021.jpg

最初に、簡単な温暖化防止のお話と育て方のワンポイントアドバイスを行い、皆様に趣旨をご理解いただいてから、ゴーヤの苗をお持ち帰りいただきました。

画像 037.jpg



ショッピングセンターでの配布は、1回に100人分の苗を配布しました。
どの回も盛況であっという間に予定数が無くなりました。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年05月31日

各地区市民センターでグリーンカーテン講座を実施しました。

各地区市民センターでグリーンカーテン講座を開催しました。

この講座は、市民の皆様に、節電と温暖化防止に努めていただくために、気軽に始めていただける一つの取り組みとしてグリーンカーテンに取り組んでいただこうというものです。。
今年で3年目となり、5月8日の川島地区市民センターからはじまり、5月31日まで、四日市市内全域と言っていいほどの20か所の地区市民センター等にご協力いただき、ゴーヤの苗を配布しました。

講師は、三重県地球温暖化防止活動推進員さんです。
夏の節電と地球温暖化についての講座とゴーヤの簡単な育て方のノウハウを学習します。

画像 031.jpg

ゴーヤの育て方は少し知っているかいないかでその生育が大きく違ってきます。
水のやり方、プランターの大きさ、摘芯の仕方等を学習します。

画像 004.jpg

帰りに、みなさんにゴーヤの苗をお持ち帰りいただきました。

画像 009.jpg

グリーンカーテンは、夏を涼しくすごせると同時に、やはり大きな実をつけることの楽しみもあり、年々グリーンカーテンにチャレンジするご家庭が増えているように感じます。
今年は、700名の皆さんにご参加いただきました。
夏休みには、市内のあちらこちらで、グリーンカーテンが見れると思います。
posted by 四日市市環境学習センター at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年05月25日

カニ・カイ パラダイスを実施しました

本日の身近な自然調べ〜自然ふれあいコース第2回の「カニカイパラダイス」は、四日市港管理組合と共催!
市内の小中学生親子が、高松干潟に集まりました!

まずは、高松干潟の役割をちょっぴり勉強して、汚れたっぷりの水を貝がキレイにできるかどうかの実験をしかけていきます。
カニカイ (5).jpg


実験をしかけたら、干潟へレッツGO!
干潟に降りると、カニの楽園。
走り回るカニをスコップ片手に追いかけます。

カニカイ (1).jpg

カニはたくさんいるけど、近づいたら、穴に隠れてしまう…ということで、
みんなで冷凍人間になって、カニのようすをさぐります。
カニカイ.jpg

ピタッと動きを停めて静かにしていると、カニが次々に穴の中から出てきます。
そして、ハサミを動きを揃えて動かし始めます。
これが、カニのダンス。
じっとしていないと、見ることができません。

冷凍人間が終わったら、すぐさま、カニの元へダッシュ!
ダンスをしていたカニ達を捕まえます。

カニカイ (2).jpg

カニ以外にも、色んな生きものが干潟で暮らしています。
これは、今回捕まった「クモヒトデ」。
カニカイ (4).jpg

貝やこ〜んなに長いゴカイも発見!
ちょっと気持ち悪いけど、こういう生きものたちが、干潟にたまった、「よごれ」を浄化してくれています。

カニカイ (3).jpg

実際にどれくらい浄化してくれるのかは、干潟から上がった後で確認できます。
茶色っぽかった水が、アサリを入れた水では、透き通って見えるようになっています!
カニカイ (6).jpg

アサリのすごいパワーも見た今回の観察会。
生きものたちがたくさん暮らす干潟をこれからも大事にしていきたいですね。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年05月12日

5月の自然観察会を実施しました

5月の自然観察会は、南部丘陵公園に集合!
今回は、ベビーカーコースもあるということで、ベビーカーをひいたご家族の参加もあり、通常コース・ベビーカーコースの2つにわかれて、観察会を行いました。

南ゾーンの森を虫や実、花を探しながら歩きます。

DSCF8765.jpg


子どもたちは、バッタやトンボ、チョウなどの虫に夢中です。
中には、触覚がうんと長い変てこな”ガ”も!

新緑の季節ということで、葉っぱの色が太陽の光にすきとおって、とっても爽やかです。

DSCF8761.jpg

DSCF8790.jpg


最後のまとめの際には、ムクドリが登場!
まとめをする東屋で、可愛い姿を見せてくれました。

まだまだ、外をお散歩するのが気持ちいい季節ですので、
ぜひ、南部丘陵公園など、自然の空気に触れてみてはいかがでしょうか?

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年04月21日

4月の自然観察会を開催しました。

今年度最初の観察会です。
去年好評だった伊坂ダムにて、今年度もスタートしました。

画像 003.jpg

春の伊坂ダム周辺は、観る物が意外に多いのです。
ログハウス前の駐車場から、下って行く途中で春の植物が観察できました。
食べられる植物、かえるやチョウなどの虫たちと観察できるものが多く、参加者は自然保護推進委員会の先生の説明に聞き入っていました。
画像 007.jpg

画像 012.jpg


画像 022.jpg

観察記録
●植物●
コナラ、アラカシ、ソヨゴ、スズメノヤリ、オニタビラコ、オオバコ、オオジシバリ、スイバ、ノアザミ、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサ、アオキ、ヤブニッケイ、カクレミノ、イタドリ、スギ、ベニシダ、ミツバ、ケキツネノボタン、ヤブジラミ、イノデ、ヤマウコギ、アカメガシワ、ヤマハゼ、ネズミモチ、コメツブツメクサ、セイヨウタンポポ、シロツメクサ、ツボミオオバコ、スズメノカタビラ、マツバウンラン、ヒメオドリコソウ、ヤブツバキ、イロハモミジ、オオイヌノフグリ、コウゾリナ、カナワラビ、ヘラシダ、フモトシダ、アメリカフウロ、イワガネソウ、リョウメンシダ、ムラサキサギゴケ

●昆虫●
モンシロチョウ、モンキチョウ、ツマキチョウ、ベニシジミ、イボタガ(希)、アメンボの仲間、シオカラトンボ(羽化)

●野鳥●
カワウ、ウグイス、メジロ、アオジ、スズメ、カワラヒワ、ツバメ、シジュウカラ、オオルリ、キジバト、カルガモ、シメ、ヒヨドリ、チュウサギ、ホオジロ、ハシブトガラス、アオサギ、キセキレイ、モズ♂、カワラバト、ツグミ、ヤブサメ、キビタキ、タカの仲間

●その他の動物●
シュレーゲルアオガエル、ヌマガエル、カダヤシ、オオタニシ、カワニナ、
ヘビの仲間

●参加者の感想●
・知らない植物や生きもののことを教えていただき楽しかった。
・「よっかいち映像広場」に投稿させていただきます。
・先生方が大勢いて、気軽に植物の名前を聞くことができました。
・オオルリを見たり、たくさんの花を教えていただき、有意義な一日でした。
・少々寒く、強風でしたが、楽しかったです。ウグイス、緑がきれいでした。
・カタツムリがみられて楽しかった。
・興味のなかった鳥、チョウがみられてよかった。
・天気に恵まれ、よい観察会だった。鳥の声を覚え、自然を楽しみたい。
・虫や植物の名前を少しずつ覚えていきたいと思います。
・さまざまな生物を教えていただきありがとうございました。
posted by 四日市市環境学習センター at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告