2013年09月06日

夏休みは、出前工作をたくさん行いました。

夏休み期間、各地区市民センターなどから沢山のエコ工作の依頼があり、
十数か所の地区市民センターや学童保育所などに伺い、時には、午前、午後と掛け持ちをしながら、エコ工作を行いました。
定番のミニログハウス作りや貝がら風鈴にくわえ、今年は、牛乳パック望遠鏡やお魚釣りゲームなどを行いました。

新作の「牛乳パック望遠鏡作り」は、八郷地区市民センターや人権プラザ赤堀などで行いました。

画像 001.jpg

1リットルの紙パックを3つ使い、本体と調節部分をつくります。

画像 009.jpg

その前後にレンズを入れ、最後の本体に絵や模様を書き仕上げます。


画像 057.jpg

ピントを合わせるのが少し大変ですが、上手に見えました。

画像 053.jpg


同じく新作の「お魚釣りゲームつくり」は、八郷地区市民センターで低学年を対象に行いました。
低学年向けの工作で、ポイントは「ハサミを上手く使う」です。
水槽になる箱にブルーの紙を貼り海や川をイメージします。

あらかじめ印刷されたお魚の紙から、魚を切り抜き色をつけて、魚の口元にクリップをつけてお魚の出来上がりです。
後は、割りばしに紐と磁石をつけて竿を作ります。

画像 036.jpg



定番の貝がら風鈴は、穴のあいた貝がらを使い、ひたすら「結ぶ」作業が続きます。
25個の貝がらを結んでいくのは、根気のいる作業ですが、
みんな一生懸命結び、出来上がったものに色や絵を書いて完成させます。
出来上がったころには、みんな「結びの名人」になっていましたよ。

画像 007.jpg


画像 018.jpg

水沢地区市民センターとあさけプラザ図書館では、ミニログハウス作りを行いました。
ホットボンドを使って細かい作業が続くので、親子工作か高学年向けの工作です。
セイタカアワダチソウを使用し、ミニログハウスを作ります。
そのあと、それをA4のダンボールにつけ、木の実を使ったり、色や絵を書いたりしてガーデンを作っていき、オリジナルの箱庭を作りました。

画像 006.jpg

画像 016.jpg


画像 027.jpg

桜台学童保育所では、このログハウスを竹にアレンジし工作を簡単にした「竹ハウス作り」を行いました。
ミニサイズの竹の輪切りを積み上げ家を作るので、低学年でも簡単に作れます。

画像 012.jpg

また、竹の小物入れ&貝がらアクセサリーで虹の会主催の講座に伺いました。
低学年向けの比較的簡単な工作です。
竹の小物入れは、竹の輪切りをきれいに磨き側面に色や絵を書きます。
貝がらアクセサリーは、穴あき貝がら2つにゴム紐を通し貝がらに絵や色をつけオリジナルアクセサリーを作ります。

画像 017.jpg

他にも紙すきや・フォトフレーム等でみなさんのもとにお邪魔しました。
めんどうで適当に進める子や真剣に丁寧に取り組む子など、さまざまでしたが、
毎日、子どもたちの楽しい笑顔や笑い声を聞きながら、あわただしく夏休みが過ぎて行きました。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月27日

親子エコ・クッキングを実施しました

本日は、夏休みの四日市市環境学習センター主催の最後のイベント、親子エコ・クッキングです。

まず初めに、エコ・クッキングがどうして大事なのかな?ということで、
四日市のごみについて、環境学習センターの谷崎が、お話をします。
四日市で出されるごみの重さや、ごみが増えるとどうして困るのかということを学びます。
その後、東邦ガスのお姉さんから、ごみの重さを減らすための方法として、
広告で作った生ごみ入れの作り方を教えてもらいます。
水分を飛ばすためには、そのまま捨てちゃうのではなく、
水気が乾きやすい生ごみ入れに入れて、水分を飛ばしてから捨てるために使います。
DSCF0474.jpg


その後、今日のレシピを教わりながら、
包丁の上手な使い方から、エネルギーを無駄なく使うエコ・クッキングのポイントも学びます。
作り方を教えてもらったら、早速調理開始!
包丁で野菜を切ったり、丁寧に皮をむいてナスを無駄なく使ったり、と作業はたくさん。

DSCF0475.jpg

お片付けする前に、汚れを新聞紙でふき取ります。
これで、洗う時の洗剤も減るし、水の汚れも減らせます。

DSCF0478.jpg


みんなで協力して、完成!

DSCF0479.jpg

苦手なナスも今日は食べれる!とパクパク。
満足のいく出来だったかな?
DSCF0480.jpg


お料理は、毎日の日常。
ぜひ、学んだことを家でも実践してみよう!
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月22日

教員向けの四日市公害研修を行いました

本日は、教員向けの四日市公害研修の2回目を行いました。
今回は、新人採用の先生方に多数ご参加いただき、会場の塩浜小学校のコミュニティ室も人でいっぱいです。

まずは、センター職員の谷崎から四日市公害のあらましをお話します。
sinsaik-k13 (2).jpg

その後、元納屋小学校校長の九鬼先生より、教師の視点での、
公害学習へ取り組む意義や、その手法などについて、お話いただきました。
sinsaik-k13 (1).jpg


また、公害被害の名残を残すうがい場や工場の近さを実感できる展望台の見学、
学校周辺の散策も行い、現在の塩浜の様子を先生方に肌で感じていただきました。

sinsaik-k13.jpg

四日市以外から採用される先生が多く、担当する学年、学科によっては、
「四日市公害」には、なかなか馴染みがない先生も多いと思いますが、
ぜひ、四日市の歴史の一部として、しっかり記憶に残してもらえれば、と思います。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月20日

ソーラーカーを作ろうを開催しました。

自然エネルギー(太陽光)について学ぶ講座です。

まず、会場となったスワセントラルパーキングの屋上に設置されているソーラーパネルを見学します。
そして1Fにある電光パネルで現在の気温や発電量そしてCO2の削減量を確認しました。

画像 007.jpg

もう1か所は、市役所の駐輪場にある太陽光パネルと電光掲示板を見学しました。
発電量や発電した電気の使い道などを比較しました。

画像 014.jpg


会場に戻り、太陽光について学習しました。

その後は、お待ちかねのソーラーカー作りです。
今年のソーラーカーは去年に引き続きでんじろう先生のソーラーカーです。
比較的簡単で良く走るのが特徴で、みんな楽しく工作してました。


画像 023.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月16日

子どもエコゼミ 植物スケッチを開催しました。

中学生を対象に今年も植物スケッチ教室を開催しました。
植物スケッチは、市内の中学校の夏休みの課題となっている学校が多く、今年は30名の応募がありました。
今年は、八郷地区市民センターで行いました。

まず始めに、先生から植物についてお話しがありました。
今日スケッチする野草には、帰化植物が多く、その中には、繁殖力が強く植物の生態をおびやかす危険がある物があり、特定外来生物と呼んでいます。
最近では、オオキンケイギクという植物が指定されていて、とてもきれいですが道路沿いに生えているときは駆除する必要があるということでした。

次に、スケッチする植物を採取しに行きます。
市民センター裏の田んぼのあぜにはツユクサやヒレタゴボウ、アゼナ、ミゾカクシなどの夏から秋にかけて咲く美しい花が咲いていました。

画像 001.jpg


採取後はセンターへ戻り早速スケッチ開始です。
今年は、ヒレタゴボウを書く人が多く、書きはじめるころには、花がしぼんでしまいました。
先生が、また花を取りに行ってくださり、無事にスケッチを続けることができました。

画像 018.jpg

画像 027.jpg


全体図を描き終わった人は、図鑑で植物の名前や、植物の細かい箇所の名前を調べます。
ヒレタゴボウの茎の断面を顕微鏡で観察しました。
また、ピンセットやルーペを使って花びらをばらして観察して仕上げていきます。

画像 039.jpg

夏休みの宿題を機に、四日市市の自然に目を向けて、身近な植物をよく観察し、自然により関心を持っていただければと思います。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月11日

自然観察会〜川の生きもの&石ころ調査を実施しました

本日は、夏休み中の自然観察会第2回目。
夏らしく、川の回です。

今回の場所は四日市の中央を流れる三滝川。
お天気も良く、夏休みということもあり、たくさんの方が集まりました。

mitakirs13 (2).jpg

川に入る前の注意事項を説明し、
川の生きものを見るグループと、石ころ調査グループに分かれます。

生きものの捕り方のポイントなどを先生に教わりながら、
川の色んな場所で魚や虫たちを探します。
mitakirs13 (3).jpg

mitakirs13 (1).jpg

石ころ調査隊も、先生の指示で色んな石を集めて、教えてもらいます。
狭い範囲ですが、13種類もの石を観察できました。
mitakirs13.jpg


本日捕まえたナマズの子ども。
ヒゲがクリンと巻いていて、かわいいですね。

mitakirs13 (4).jpg

(たに)


観察記録
●植物●
メマツヨイグサ,オオアレチノギク,ダキバアレチハナガサ,オオカワヂシャ(特定外来生物),トキワハゼ,アカバナユウゲショウ,コカナダモ,ウキクサ

●昆虫●
アオイトトンボ,シオカラトンボ(成・幼),ミヤマアカネ,ウスバキトンボ,マユタテアカネ,イトトンボsp,ハグロトンボ(成・幼),オナガサナエ(幼),コオニヤンマ(幼),ウスバカゲロウ,アオスジアゲハ,ベニシジミ,ヤマトシジミ,ナミアゲハ,ムシヒキアブsp,ガムシsp,ヒゲナガカワトビケラ(幼),ヤマトビケラ(幼),ジャコウアゲハ,ヒラタドロムシ(幼)

●野鳥●
ホオジロ,キジバト,コサギ,スズメ,カワラヒワ,ダイサギ,アオサギ

●魚、その他●
オイカワ,アブラハヤ,カワヨシノボリ,ドジョウ,タモロコ,ナマズ,フナ,コイ,カマツカ,ヌマエビ,アメリカザリガニ,モクズガニ,テナガエビ,ウシガエル(幼),プラナリア,ヒル類

●岩石、鉱物●
長石,石英,白雲母,蛇紋岩,花こう岩,天文フォルンフェルス,粘板岩,チャート,半花崗岩,巨晶花崗岩,溶結凝灰岩,輝緑岩,緑色ヒン岩

参加者の感想
・親切な説明でわかりやすかった.石の勉強の場が少ないので,子どもが楽しみにしていて,喜びました.いろいろな石があって楽しかった.
・魚が速くてつかまらないのが残念だった.三滝川の水質はどうだったか知りたかった.おもしろかった.また参加したい.
・なかなかできない経験ができ,親子で楽しんだ.また,参加したいです.
・多くの種類の生物を観察できてよかった.
・水中の生き物のまとめの説明がよかった.
・初めての川の中での魚とりができ,楽しく過ごせ,よい体験になりました.
・実態顕微鏡がよかった.魚の見分けがわかった.
・先生方が大勢いて,いろいろ聞くことができ,魚もとってもらえてよかった.
・とにかく楽しかった.先生が詳しく教えてくれた.子供たちも目をキラキラさせていました.
・なかなかつかまえられなかったけれど,生き物がどんな所にいるのかわかった.
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月10日

子どもエコゼミ 太陽パワーおもしろ工作を開催しました。

小学生を対象とした太陽パワーおもしろ工作を行いました。
親子で、太陽からの光を利用してお湯を沸したりできるソーラークッカー作りに挑戦しました。

今回の講師は、科学サークル大黒屋の伊藤仁先生です。

まずは、台所でもおなじみの油はねガードのアルミ製パネル2枚をガムテープで止めます。

次に4角からハサミで切り目を入れていきます。
その切り目の所を重ねて、角度計に合わせて角度をつけていきます。
角度が決まったら、テープでとめます。

画像 038.jpg

夏休みの自由工作として作る人もいて、子どもだけでなく親子で真剣に取り組んでくれていました。

親としては、子どもの真剣さを改めて確認できる機会になり、
子どもとしてではお父さんまたはお母さんのいつもと少し違う元気に作製する姿を新しく発見できたのではないかと思います。
やっと完成した作品はみんな素晴らしい出来!

完成したところで、実験に仕方を解説していただきました。
実は先生、この日のために1週間前から、毎日いろんなクッカ―を試して、データーをとってくださいました。
温泉タマゴを作ろうと思ったら、65度以上の温度を30分以上維持する必要があるそうです。
先生が試した時期は、あいにく温度が上がらず、生卵のままだったそう・・・

休憩の後、ライトを使い太陽光とクッカ―の原理を分かりやすい実験でみんなに解説していただきました。

画像 051.jpg


ソーラークッカーがうまく使えるのは、太陽のギラギラ輝くお天気の日になります。
自然のエネルギーで、ゆで卵や焼きイモが作れる日が楽しみですね。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月08日

教職員研修 バス視察研修を開催しました。

三泗地区内の小中学校教職員の夏季研修の一環として、環境教育を提案しています。
8月8日(木)
バスで、メガソーラーたけとよ、水沢浄水場、三重用水を見学しました。

メガソーラーたけとよでは、太陽光発電所と火力発電所を見学しました。
武豊火力発電所は、ピーク火力といって、継続して発電しているわけではなく、電気の需要が特に多い時間帯であったり、また、主力の発電施設に異常があった時などにいつでも稼働でき、停止できる施設だそうです。
最初に、太陽光発電についてビデオを見ました。その後、所長さんからお話しがありました。
その後、バスに乗って、太陽光パネルの見学をしました。

画像 002.jpg


そして、火力発電所の見学を行いました。
管理室なども見せていただき、丁寧に説明していただきました。

画像 008.jpg

画像 011.jpg


原子力発電所が休止してから、火力発電所が主力になっています。
私たちの暮らしを支えるために、原料のLNGを大量に消費しています。
今後、太陽光などの新エネルギーの開発も必要ですが、
私たちも使い方を見直し、少しでも電力消費を減らすことが大切だと思いました。

午後からは、水沢浄水場と三重用水の見学です。
四日市の上水道は、四日市市上下水道局が管理している水と三重県企業庁の水を使っています。
水沢浄水場は、三重県の施設で、揖斐川の支流牧田川から取水した水を浄化して水道水として利用しています。
浄水場では、小学校4年生向きの施設見学の時と同じ方法で見学させていただきました。
最初に、浄水場についてビデオを見ました。
その後、浄化施設の原理を実験しました。
先生方には、大好評でした。

画像 019.jpg


その後、施設を見学しました。

画像 024.jpg

最後に三重用水の見学をしました。
三重用水は、牧田川から水沢浄水場までの用水を管理しています。
ダムの水は、水道水だけでなく、主に農業用水として利用され、私たちの暮らしを支えてくれています。
今年は雨が少なく、貯水量がかなり少なくなっているということでした。

画像 037.jpg

今日、暮らしにかかせない電気や水について学びました。
限りある資源、私たちの暮らしを見直し、未来の子どもたちにつなげていきたいですね。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月06日

子どもエコゼミ「四日市公害学習」を実施しました

本日は、四日市公害学習ということで、
四日市中から集まった小中学生が、塩浜小学校に集まりました。

まず初めに、四日市公害のあらましを学習します。

DSCF0102.jpg

その後、被害の酷かった当時、子どもたちが取り組んでいた「うがい」に
参加の子どもたちも挑戦。

DSCF0105.jpg


また、小学校の展望台に登り、そこから工場がどのあたりにあるのか、見てみます。
登ってみると、工場の煙突がとっても近いことに、驚きの声が上がります。

DSCF0109.jpg

その後、校外の見学として、工場と並行して流れている鈴鹿川の堤防沿いを歩き、
公害があった場所が、今はどんな様子かということを歩いて見てもらいました。
DSCF0111.jpg


今年は、四日市公害裁判の判決が出て41年目。
四日市公害のことを四日市の子どもたちが学び、
四日市が、社会がどのように公害に向き合ってきたのか、
また、公害に関する社会の変化を少しでも感じとってくれたのではないでしょうか。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2013年08月03日

身近な自然調べ シダ植物大研究を開催しました。

四日市少年自然の家で、身近な自然調べ「シダ植物大研究」を開催しました。

今回は、夏休みの自由研究に使っていただけるように企画しました。
少し内容が難しくなるので、小学4年生から中学生を対象に行いました。

まずはじめに、四日市自然保護推進委員会の先生から、シダ植物の起源や植物の作りなど、お話しいただきました。

画像 002.jpg

シダ植物は、種ではなく胞子で増えていきます。
胞子には、いろんなタイプがあるということで、顕微鏡で胞子を観察しました。

画像 008.jpg

その後、フィールドにでかけ、シダ植物の採集をしました。
出かける前に、先生から
「この時期は、ヤマビルやハチ、ヘビなどが出るので注意しましょう。」
などの注意がありました。

シダは、日陰の湿った所に生えているようなイメージがありますが、日当たりのよい場所に生えているものもあります。
コシダやホラシノブ、ゼンマイ、シシガシラ、コバノイシカグマなど10種類ほどのシダを採集しました。
採集しながら、生えている場所の環境や生態などの解説がありました。

画像 011.jpg

その後、部屋に戻り、標本にする作業です。
シダを新聞紙にはさんでいきます。
採集してきたシダの名前を付けていかなければいけないのですが、
私たちには、シシガシラなどの特徴的なもの以外は、みんな同じ植物に見えてしまいます。
ですので、一人ひとり、先生が植物名を教えて回りました。

画像 015.jpg

この後は、10日ほど家で管理して、画用紙に貼って標本にします。
先生からは、家での管理の仕方や、標本の作り方などの説明がありました。


今回は、植物の中でも古い起源をもつシダ植物について学びました。
気候の変動やさまざまな条件の中、命をつないできたシダ植物。
私たちも、未来に命をつなげるためにシダ植物から学ぶものがあるのかもしれませんね。
posted by 四日市市環境学習センター at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告