2014年07月15日

内部地区 ほたるの里を育てる会と水質調査を行いました。

本日は、内部地区で、ほたるの保護活動を行う「ほたるの里を育てる会」の皆さんからの依頼で、
ホタルの生息地の水質を調べる調査を行いました。

IMG_0008.jpg


5か所のホタル生息場所のCODや窒素の量、pHなどを調べます。

IMG_0007.jpg

川の水質は、日によってかなりばらつきが出てしまうかとは思いますが、
今回の調査を通して、水質についての関心を高めたり、
調査を継続することによって、よりホタルの生息しやすい環境づくりの参考になっていけばよいと思います。

今回の調査では調べられなかったBODやDO(溶存酸素)については、
四日市大学と連携をして調査を行う予定だそうです。

(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年07月01日

川島小学校で、水生生物調査を行いました。

本日は、川島小学校4年生と一緒に、川島小学校の近くを流れる鹿化川に水生生物調査に出かけました。
まずは、小学校で川に入る前の注意事項を聞いて、上流・下流に分かれて出発!

CIMG4566.jpg

下流は、川島小学校よりも、下流部へ。

CIMG4575.jpg


CIMG4579.jpg


ヨシノボリやフナなどの魚、ヒル、アメリカザリガニなどがたくさんとれました。
CIMG4586.jpg



上流グループは、約20分ほど歩いて、採取ポイントに到着。
ちょっと捕る時間は、下流グループより少ないですが、オニヤンマなどトンボの幼虫・ヤゴや、ドジョウなど、下流では見れなかった生き物を見ることができました。


DSCF2701.jpg

DSCF2712.jpg


各現場で調査が終了したら、体育館に集合!
4チームに分かれて調査した結果を、共有します。
昨年は、上流は「たいへん汚い」、下流は「ややきれい」という結果でしたが、
今年は反対になって、上流が「ややきれい」、下流が「大変きたない」という結果になりました。

CIMG4615.jpg

判定の後は、子供たちからの質問コーナー。
鹿化川に棲む生き物について、川の先生に、たくさん質問をしました。

川島は、毎年地域でも水生生物調査を行う地域です。
地域の真ん中を鹿化川が流れているので、これからも、小学校に通いながら、
川や川に棲む生き物のことを、時々でも思い出していただきたいと思います。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年06月08日

6月の自然観察会を実施しました

本日の自然観察会は、大人気「干潟のいきものたち」をテーマにした観察会です。

観察場所は、鈴鹿川の派川干潟。
まずは、カニや汽水域の生き物探しを行います。
008.jpg

031.jpg


あちこちを歩き回るカニに子供たちはすぐ夢中に。
上手くつかまれられる子、つかまえられない子と様々ですが、
ちょっとずつ、捕り方のコツもわかってきます。

大きなハマガニも観察!
ちょっと珍しいので、観察した後は、逃がしてあげます。
034.jpg


ちょっと足を延ばして、砂浜のある方に行くと、海浜植物をたくさん見ることができます。

DSCF2334.jpg


043.jpg

四日市の海岸線には、まだまだ素敵な自然が残っています。
カニや貝、エビや魚、野鳥もたくさんやってきます。
この貴重な自然を楽しみつつ、大切に残していきたいですね。

●観察記録●
【植物】
テリハノイバラ、シナダレスズメガヤモドキ、ハマゴウ、アリタソウ、ハマダイコン、フクド、カワラヨモギ、ハマボウフウ、ホソバハマアカザ、ホソムギ、ナガバギシギシ、コウボウムギ、マルバアカザ、アキノミチヤナギ、アレチギシギシ

【昆虫】
ナミアゲハ、キアゲハ、クマバチ、シジミチョウsp、モンシロチョウ、シオヤアブ

【野鳥】
コアジサシ(成鳥、卵)、シロチドリ(成鳥、卵)、ツバメ、ダイサギ、ホオジロ、カワウ、ヒバリ、キジバト、ドバト、オオヨシキリ、ハクセキレイ、アオサギ、モズ、シロチドリ、ウミネコ、コサギ、アジサシ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、コチドリ

【水生生物】
イシマキガイ、ベンケイガニ、ヌマエビsp、テナガエビ、マハゼ、ヌマチチブ、フナムシ、クロベンケイガニ、アシハラガニ、ハマガニ(稀少)、ボラ(成魚、幼魚)、スズキ(幼魚)、マテガイ

【漂着物】
シロスジフジツボ、スナメリ、タテジマフジツボ、イッカククモガニ、マガキ、アカニシ、イボニシ、ツメタガイ、サクラガイ、スナヒトデ、ガザミ、シオフキ、バカガイ、カガミガイ、タイラギ、イソシジミ、サルボウガイ、オキナガイ、コウイカ、アメフラシ

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年06月07日

川の先生の研修会を行いました

本日は、市内で水生生物調査を行う指導者「川の先生」の新規募集を兼ねた研修会を実施しました。
午前中は、三重大学生物資源学部より、教授の河村功一先生にお越しいただき、
三重県でみられる淡水魚について、どんな生態なのから、その生息環境についての話がありました。

DSCF2315.jpg


お魚好きが多い、川の先生たち。
質問の時間が一番盛り上がりました。
DSCF2317.jpg

午後からは、実践研修ということで、
水生昆虫がたくさん見られる内部川へ移動。
実際に学校で行っている調査手順で、水生生物調査を実施しました。

DSCF2800.jpg

川の広さを測ったり、流れの速さを計ったりと、道具を使って、調査します。

DSCF2806.jpg
タモの使い方の説明の見本を見て、
調査開始!

既にいろんなところで調査している人も多く、新人さんでも捕り方はバッチリ。

DSCF2827.jpg


水生昆虫を探すために、石の裏をひっくり返します。

DSCF2829.jpg

よーく見ると、伸び縮みするウズムシやヒル、トビケラの仲間などが見つかります。

最後に、捕れたものをチェック。
分類して、川の先生同士で、生き物を紹介しあいます。

DSCF2837.jpg

DSCF2842.jpg

今回新しく加わった川の先生を交えての水生生物調査を、小学校や地区の事業で、どんどん行っていきます。
今後の活躍に期待してくださいね!
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年06月03日

ホタルウォッチングを実施しました

本日は、身近な自然調べ〜自然ふれあいコースの第3回目、「ホタルウォッチング」を実施しました。
今回のイベントは、四日市のホタルスポットとして有名な保々地区西村町で、「西村地域のふるさとを守る会」との共催で行いました。
まずは、営農センターでホタルの種類や生活について、クイズを交えながら学びます。

ホタルクイズ.JPG

講座の途中に、ホタルのエサとなるカワニナを見せてもらいました。
名前は聞いたことがあるけれども、見るのは初めてだという子たちもいて、みんな興味津々です。
カワニナ.JPG

ホタルのお話の後は、「西村地域のふるさとを守る会」の方が、
ホタルが飛び交う様子を映したDVDを見せてくれました。
ホタルの会.JPG

実物のホタルへの期待が高まったら、いよいよホタルの観察に出発です。
ホタルが飛び交う観察スポットに到着すると、ふわふわした緑色の光にみんなの歓声があがりました。
ホタルの観察.JPG
ホタルアップ.JPG

普段はなかなか体験できない、夜の生き物観察を家族で楽しんでいただけたのではないでしょうか。
posted by 四日市市環境学習センター at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年05月23日

子どもエコゼミ 暮らしのエネルギー今と昔を開催しました

親子環境講座として、暮らしのエネルギー今と昔を開催し、市内の小学生の親子20名にご参加いただきました。
講師は、四日市大学エネルギー環境教育研究会の矢口芳枝さん。
夏に向けて、普段の生活を見直し、温暖化防止対策となる省エネにつながる工夫などについて学びました。

DSCF2643.jpg

講座では電子絵本「エナ爺の一生」を見ながら、現在の暮らしと昔の暮らしを対比し、わたしたちが普段使っている電気やガスなどについて考えました。

DSCF2645.jpg

また、電球比較装置を使って、手回し発電機で白熱球とLEDの違いを確認したりして、体験を交えながら学びました。

DSCF2646.jpg

最後に、ゴーヤの育て方のワンポイント講座と自由研究のポイントなどをお話ししました。

DSCF2651.jpg


DSCF2653.jpg

帰りに参加者の方に、グリーンカーテン用にゴーヤ苗を配布しました。
これからの暑い夏を上手に節電しながら乗り切っていただけたらと思います。

DSCF2637.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年05月11日

5月の自然観察会を開催しました。

南部丘陵公園にて、自然観察会を行いました。
お天気に恵まれたこともあり、約60名の方にご参加いただきました。
はじめに、鳥の先生からアオサギやトビ、ウグイスなどはく製を見せながら、この時期に観察できる野鳥についてお話がありました。
その後、南部丘陵公園内で里山保全の手入れを行っているところで、手入れをした林がどのように変化しているのか、観察を行いました。
里山保全の話は、少し難しい課題だったのですが、子ども連れのご家族も熱心に耳を傾けてくださいました。

006.jpg

054.jpg


●観察の記録●
【植物】
アカマツ(花・幼樹)、コナラ(ナラ枯れ・萌芽・幼樹)、スイバ、アメリカフウロ、シマトキンソウ、キツネアザミ、ニガナ、イワニガナ、ヤマツツジ、イロハモミジ、ドクダミ、イタドリ、ツボスミレ、アカメガシワ、スギナ、虫えい

【昆虫】
シオヤトンボ、シオカラトンボ、テングチョウ、キタテハ(幼虫)、キノコヒモミノガ、オオスズメバチ、コミスジ、クマバチ、アシナガバチsp(キアシナガバチまたはセグロアシナガバチ)、ツマグロヒョウモン、キマダラカミキリ、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ベニシジミ、ルリタテハ(成虫・終令幼虫)サトキマダラヒカゲ、ヒメウラナミシジミ、セセリチョウsp、キタキチョウ、ハルゼミ(鳴き声)、アカガネサルハムシ、キマダラヤマカミキリ、ヨツボシケシキスイ、ヨコズヅナサシガメ、キリギリス(幼虫)、ヤブキリ(幼虫)、シラケトラカミキリ、キベリマルクビゴミムシ、ゴキブリsp、ケラ

【野鳥】
カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、セグロセキレイ、ホオジロ、メジロ、コゲラ、ヒヨドリ、ホシボソガラス、ウグイス、ツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、エナガ

【クモ】
クロガケジグモ(網、幼体)、ワカバグモ(幼体)、アシナガサラグモ(幼体
)、ゴミグモ(幼体)、コクサグモ(幼体)

【地学】
太陽と黒点(天体望遠鏡での観察)

【その他】
キクラゲ、カスミサンショウオ、イセノナミマイマイ、カナヘビ、サワガニ、イノシシ(けもの道)

【参加者の感想】
・里山の再生が興味深い
・スイバに雄、雌があってびっくりした
・実際にふれあいながら、詳しい説明が聞けてよかった
・3歳の子は話を理解できないが、自然に触れ楽しさを感じたようだった
・観察会で教わった知識の復習をしながら、毎日の散歩を楽しんでいる
・森林の遷移について聞きたかった
・里山の見どころがわかり楽しかった、羽津山緑地でも観察会をしてほしい
・虫の名前を教えてもらい、ふれあいことで覚えられそう
・家族で楽しめた、自然に対する心が育つ会だと思いこれからも参加したい
posted by 四日市市環境学習センター at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年05月10日

カエルとトンボのふしぎ池たんけんを実施しました

本日は、身近な自然調べ〜自然ふれあいコースの第2回目「カエルとトンボのふしぎ池たんけん」を実施しました。
今回の探検場所は、三重県環境学習情報センターの近くにあるめだか池!
まずはじめに、めだか池でみられる生き物について勉強します。
DSCF2456.jpg

生き物の見分け方や、捕まえ方などを教えてもらったらさっそく探検開始!!
池の周りや、池の中の生き物をみんなで探します。
CIMG4353.jpg

なにがとれるかな?
CIMG4377.jpg

とれた生き物をすかさず質問!
CIMG4367.jpg

中身はなんだろう?みんな興味津々!
DSCF2466.jpg

採集が終わったら、どんな生き物がいたかをみんなで確認!
シオカラトンボやクロイトトンボなど、いろいろなトンボがみつかりました。
DSCF2483.jpg
中には羽化したてのショウジョウトンボも!!
また、観察会中にクロスジギンヤンマの産卵シーンをみることができました。

水の中に棲む生き物では、コオイムシやコシマゲンゴロウなどの水生昆虫や、
ギンブナやモツゴといった魚などがみつかりました。
DSCF2496.jpg

気候もよく、生き物たちが元気な季節になりました。
みなさんも、おうちの周りの自然を探しにでかけてみてはいかがでしょうか。
posted by 四日市市環境学習センター at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年04月20日

4月の自然観察会を開催しました。

伊坂ダムで春の自然観察会を開催しました。
小雨が降り4月にしては寒くあいにくのお天気でしたが、バリアフリーコースも含めてたくさんの方にご参加いただきました。
気温が低かったので昆虫とかチョウ関係は見ることができませんでしたが、今年は田んぼの水が抜いてありイシガメや鳥の足跡を見ることもできました。

004.jpg

009.jpg


●観察記録●
【植物】
コナラ(雄花・ナラ枯れ)、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサ、セリ、イタドリ、ウマノアシガタ、イロハモミジ(花)、アラカシ(新芽)、キュウリグサ、ハナイバナ、ハルジョオン、オニタビラコ、ヤエムグラ、トキワハゼ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、スイバ、ノビル、マツバウンラン、ハコベ、オオイヌノフグリ、クズ、シダ植物(前葉体)

【昆虫】
シオカラトンボ(幼虫)、キリギリス(1令幼虫)、ハムグリ、ヒメアメンボ、カレハガのなかま(幼虫)、ナミテントウ(幼虫・蛹・成虫)、ナナホシテントウ、マルカメムシ

【野鳥】
ホオジロ、ヒヨドリ、メジロ、ヒドリガモ、カルガモ、ウグイス、オオルリ、キビタキ、センダイムシクイ、ルリビタキ、コゲラ、アオジ、ツバメ、シジュウカラ、カワウ、クロツグミ、シロハラ、ツグミ、アオサギ、ハシボソガラス、キジバト、キジ、ハシブトガラス、スズメ、カワラヒワ、シメ、ビンズイ、ハクセキレイ

【動物】
イノシシ(足跡)、ニホンアナグマ(足跡)、ホンドキツネ(糞・におい)、シュレーゲルアオガエル、ニホンカナヘビ、ミシシッピアカミミガメ、マルタニシ、カワニナ、タイワンシジミ

【地質】
伊坂ダム周辺に存在する磨き砂について
東海地方の陶磁器に用いる粘土について

【参加者の感想・声など】
・子供がとても楽しんでいました。また、参加したいです。
・いつも目にしているものに対しての自分の知識のなさに驚いた。また、参加したい。
・新しい発見があった。次回も楽しみにしています。
・楽しかったです。
posted by 四日市市環境学習センター at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年04月19日

川の先生の研修会を実施しました

本日は、市内の小学校などで水生生物調査を行う「川の先生」の研修・交流会を実施しました。
5月からいろんな場所で調査を行うために、昨年度の振り返りを行い、
昨年度、水質階級1(きれいな川)になった、下野橋近くの朝明川を調査しました。

DSCF2046.jpg

DSCF2054.jpg


生き物を採取した後は、
川の先生同士で教えあいをします。
DSCF2064.jpg

カゲロウの仲間など水生昆虫がたくさん見つかり、細かい判別方法を学びます。
サワガニとモクズガニを並べて、違いを観察しました。

DSCF2073.jpg


卵をお腹に抱えたシマヨシノボリも何匹かいて、その青い色に驚きの声も。
DSCF2075.gif

この研修を行ったメンバーで、今年もいろんな小学校や地区の水生生物調査を行っていく予定ですが、
今年は、「川の先生」の新規募集も行います。
6月7日が研修の日ですので、川の先生やってみたい!という方は、ぜひご参加くださいね!

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告