2014年08月09日

8月の自然観察会「川の生きもの&石ころ調査」は中止なりました。

明日予定しておりました、8月の自然観察会「川の生きもの&石ころ調査」は台風のため、中止なりました。
posted by 四日市市環境学習センター at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

本日のリサイクルはがき作りについて

午前の部、午後の部と本日開催予定のリサイクルはがきですが、
午前の部は通常通り、開催します。

午後の部については、11時に判断予定ですが、
台風の状況により、暴風警報が出ていなくても中止の場合があります。
暴風警報が出ていない場合で中止を決定した場合は、電話にてご案内させていただきます。
posted by 四日市市環境学習センター at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年08月03日

ecoコロンブス号〜朝明川から伊勢湾へGO!を実施しました

本日は、夏休みのecoコロンブス号第2弾!
四日市大学エネルギー環境教育研究会の皆さんと共催で「朝明川から伊勢湾へGO!」という
朝明川をめぐるバスツアーを実施しました。

が、空はあいにくの不安定な天気。
最初の見学場所、朝明渓谷では、小雨がぱらつく中で始まりました。

朝明渓谷のもう少し上流で始まる朝明川。
源流に近い朝明渓谷で、水生生物調査を行い、どんな生物が暮らしているのか、観察しました。
DSCF0320.jpg

魚はなかなか見ることができませんでしたが、石の裏をひっくり返すと、カワゲラやカゲロウの仲間などを見つけることができます。
DSCF0323.jpg

朝明渓谷の川は、下の写真のようなカワゲラなど「きれいな川」に生息する生き物がたくさん観察され、
水生生物調査の結果は「きれいな川」という結果になりました。
DSCF0324.jpg


その後、川に水をはぐくむ森の様子も見学に出かけます。
途中での道では、モリアオガエルの卵も発見!
出没したヒルもケースに入れてじっくり観察。

昼食を食べ終わったら、朝明渓谷の水をパックテストで調査します。

調査終了後は、下流のほうへ、クイズをしながら、移動開始!
次に降りたのは、三岐鉄道の暁学園駅前。
そこから、近くを流れる朝明川に歩いていきます。
今度は、川の上から、採水用のバケツを下して、みんなで「ヨイショ」と引っ張り上げます。
水の色やにおいをチェックして、ここでもパックテストを行いました。

DSCF0326.jpg

最後にたどりついたのは、朝明川の河口、高松干潟。
ここでは、高松干潟を守ろう会の水谷さんに、高松干潟の特徴や生き物を紹介してもらいます。

DSCF0329.jpg


ここでも、水をパックテストで調べて、ほかの場所と比較してみました。

高松干潟では、アシハラガニやチゴガニ、コメツキガニ、スナガニなどいろんな種類のカニが観察できました。
一日では、朝明川全部を回ることはできませんが、
上流・中流・下流の3か所の違いは、肌で感じてもらえたのではないでしょうか。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年08月02日

葉っぱ大研究を開催しました

四日市の身近な自然調べ〜自然ふれあいコース〜
葉っぱ大研究を行いました。

この講座は、公園内の葉っぱを集めてくらべたり、標本を作ったりして、いろんな葉っぱがあることを学びます。
夏休みなので、自由研究にも使えるようなプログラムになっています。
学年に応じた指導をするため、低学年コースと高学年コースにわかれて行いました。

初めに低学年コースは四日市自然保護推進委員会の川崎先生より、高学年は桐生先生より葉っぱについてお話しをしていただきました。
大きな葉っぱ、小さな葉っぱ、ギザギザの葉っぱと、葉っぱってじっくり見てみると、ちゃんと見分けができるように木によって違うんですね。
羽状複葉といって、いっぱいの葉っぱがあるように見えて、全部で一枚だという葉っぱは、みんなが驚いていました。

CIMG4711.jpg

IMG_0399.jpg


高学年コースでは、さらにくわしく葉っぱの付き方など学びます。

IMG_0402.jpg

そのあと、みんなで公園内の探検です。
夏なので30分程度の予定で公園に出かけます。

IMG_0411.jpg

公園内の木を全部集めると、たくさんになってしまうので、特徴のあるものを中心に30種類の葉っぱを採取しました。

部屋に戻ってから、標本の作り方を学びました。

IMG_0417.jpg


持ってきた新聞紙に葉っぱをきれいに伸ばしてはさんでいきます。
低学年は、葉っぱだけ、高学年は枝ごと標本にします。

CIMG4715.jpg

標本作りは、この後も、家で新聞紙を取り換えてもらったりと大変ですが、ぜひ頑張って取り組んでいただき、自由研究などに役立てていただければと思います。
posted by 四日市市環境学習センター at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年07月31日

ecoコロンブス号〜ごみの行方を実施しました。

本日は、ecoコロンブス号〜ごみの行方を実施しました。
まず集まってもらったのは、四日市市環境学習センター。
そこで、四日市のごみの現状、ごみの分別方法などの基礎を学びました。

IMG_0281.jpg

その後、バスで移動して、1つ目の見学場所、中部エコテクノロジー株式会社へGO!
ここは、家電リサイクル法で指定されている、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどを処理する会社で、
それぞれの家電製品の性質に合わせて、丁寧に解体・選別を行っています。
工場の中には、たくさんの家電製品が集まっています。

IMG_0301.jpg

実際の作業場所も見学させてもらいましたが、
見に行ってみると、普段使っている家電製品に使われている様々な部品を、
各工程で丁寧に外している様子を見ることができました。
DSCF0275.jpg


IMG_0318.jpg

最後は、素材別にきっちり分けてリサイクルしています。
IMG_0329.jpg


昼食をはさんで、午後からは、市内のペットボトルや空き缶を集める
朝日金属株式会社に見学に行きました。
会社の方に、会社で行っている金属リサイクルや、リサイクルの仕組みについて、教えてもらいます。
大きな重機が鉄をくっつけているのは、子供たちにも圧巻だったようです。

DSCF0277.jpg

ペットボトルの分別・圧縮作業を行っている現場も見せてもらいました。
きれいに洗ってキャップやラベルを外してあるペットボトルと飲んだままのペットボトル。
一緒にしてしまうと、資源としての価値が落ちてしまうので、手作業で分別しているそうです。
まだまだ、そのまま捨てられてしまうペットボトルも多いようです。
左がきれいに洗ってあるボトル。右が、そのまま捨てられたボトル


1つ30キロにプレスされたペットボトルの塊。
朝日金属の人は、一人で持てるけど、さすがに子供にはちょっと重かったですね。

IMG_0354.jpg

IMG_0357.jpg


最後の見学場所は、南部埋め立て処分場。
四日市の「もやさないごみ」「粗大ごみ」などが最終的に捨てられる場所になります。
もう残りあと6年しか使えないこの埋め立て処分場。
ごみの埋め立て地と私たちの立っている場所の高さは、もうそんなに変わりがありません。
新しい焼却施設ができるまでに、最終処分の量を少しでも減らして、
今ある施設を長く使えるようにしないといけないと、
現地を見てもらって、子供たちも感じてもらえたのではないでしょうか。
DSCF0295.jpg

DSCF0297.jpg

ごみは、私たちが生活する上で、どうしても出てしまいます。
でも、ちょっとした工夫や気遣いで、減らすこともできます。
夏休みの自由研究として、今回勉強しに来てくれた子がほとんどですが、ごみは、一番身近な環境問題なので、ぜひ、継続して取り組める、自分のごみ減量法を見つけてほしいと思います。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年07月27日

川島地区で「鹿化川探検」を実施しました。

本日は、川島地区社会福祉協議会からの依頼で、
鹿化川の生き物調査「鹿化川探検!」を実施しました。


DSCF0176.jpg


雨も心配ということで、川に着いたら早速調査開始!
ざっと降る場面もありましたが、雨に負けじと生き物を次々に捕り始めました。
DSCF0177.jpg

DSCF0183.jpg


捕った生き物は、全部バケツの中へ。
まだ幼稚園でも、ちゃんと捕まえられました。

DSCF0180.jpg

小さなカエルも発見!
DSCF0197.jpg


川から上がった後は、捕れた生き物をチェック。
どんなものがとれたのか、川の先生に観察ケースに入れてもらい、見せてもらいます。
DSCF0200.jpg

雨が強くなってきたので、急いで川島地区市民センターに戻ってから、
どんな生き物がとれたのか、名前を確認して、
鹿化川の水質を判定しました。

DSCF0208.jpg

今年の鹿化川探検で調べた、鹿化川の水質は「ややきれい」でした。
昨年は「たいへん汚い」という結果だったので、昨年よりも水質がよくなったとの結果に、
子供たちも、地域の人もホッとしています。
今回は、オニヤンマもたくさん取れました。
豊かな鹿化川の環境を来年以降も継続できるように、地域で見守っていてくださいね。
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年07月26日

楠地区で鈴鹿川たんけんを行いました。

本日は、楠公民館が主催する鈴鹿川をボートで探検といきもの観察に、講師として川の先生と参加しました。
向かったのは鈴鹿川から分かれた派川干潟。
ボート体験、生き物観察に分かれて、少人数ずつで体験します。

タモやスコップを持って、カニや魚、貝など、いろんな生き物を探します。

DSCF0131.jpg

DSCF0130.jpg

カニの集合団地も発見!
穴の中は、カニだらけ・・・

DSCF0142.jpg

アシハラガニが、今年もたくさん取れました。
DSCF0143.jpg


魚と一緒に入れておいたら、カニが魚をおいしくペロリ。
カニのお食事方法に、子供たちもびっくりです。
DSCF0144.jpg

川の先生からは、とれた生き物がどんなものだったのか、教えてもらいます。
DSCF0154.jpg

DSCF0149.jpg
指標生物を調べてみると、本日の鈴鹿川派川の水質は、「ややきれい」という水質判定になりました。

四日市の中でも、カニがたくさん生息している数少ないこの場所。
また来年も、いろんな種類のカニと出会えるのが楽しみです。

(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

7月の自然観察会を実施しました。

7月の観察会は、中央緑地公園でセミの羽化を観察しました。
夏休みということもあり、10回ある自然観察会で唯一夜の観察会です。
昨年も大好評だったこの観察会は、今年も参加人数が多く約140人の方が参加してくれました。

観察開始は19時でしたが、今年はすでに羽化を始めているセミがたくさんいて、子どもたちもゆっくりと観察できたようです。

最近はアブラゼミより、クマゼミがたくさん見られるようになり、こんなところからも温暖化を実感させられるような気がしますね。

004.jpg

006.jpg


【参加者の感想】
・楽しく参加できた。貴重な体験ができた。
・去年とても感動したので、今年も参加した。
・親子で楽しめた。
・羽化のようすがしっかり見られてよかった。
・低いところで見られればよかったが、子供の目線で見られなくて残念だった。
・幼虫から成虫への過程を初めて見て感激した。
・こういう観察の機会をこれからも子供に体験させたい。
・子供たちが自分で探したり、写真を撮ったり観察でき、いい体験になった。
・羽化したセミの種類を教えてほしかった。
・手軽に観察できることに感心した。
・たくさん見られてよかった。
・大人も勉強になった。先生の解説がおもしろかった。
・学校とは違った体験ができ、子供たちが楽しそうだった。
・羽化のいろいろな場面がみられてよかった。
・たくさんお人といっしょに観察するのも楽しかった。
・翅の緑色が美しいのが印象的だった。幼児でも抜け殻の違いがわかり、今後収集するときには見分けができ、うれしいです。
posted by 四日市市環境学習センター at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年07月24日

教職員研修 ESD講座1を開催しました

市内小中学校の教職員夏季研修の一環として、内部小学校でESD講座1を開催し、13名の先生方にご参加いただきました。
今回は、活動事例として松坂市の薦原小学校から松田先生にお越しいただき「ギフチョウから考える薦原の自然と未来」として、小学校4年生が学習してきたことを聞き、ESD学習を具体的に把握していただくことを目的としています。

まず、はじめにネクストステップ代表の寺田卓二さんより、ESDについてお話しいただきました。
参加された先生の中で、ESDという言葉自体を聞いたこともないという先生がとても多く、ESDについて理解が進んでないことがわかりました。

IMG_0145.jpg

次は、松田先生より、小学校4年生が学習した、ギフチョウの成長を学ぶ理科の授業から発展して行ったユネスコスクールとしての授業の取り組みについてお話しいただきました。
薦原にはギフチョウを守っている地域の団体「ギフチョウネットワーク」があり、毎年チョウの成長の授業でお世話になっているそうです。
昨年は、そこから、年間を通して活動していき、その中で団体の方との交流から「地域の自然と人間とのかかわり」について子どもたちの気づきが生まれていったということでした。

IMG_0148.jpg

環境教育というと、授業とは別に特別に行わなければならいないと考えがちですが、理科や社会の授業の中で、環境の視点を持って行えば、プラス10分で環境教育となり、それを小学校6年の間縦に線でつなぎ合わせるとよいということを理解していただければと思います。

その後、四日市で行える地域連携の例として、内部小学校の近くにあるまちかど博物館「竈の家」に移動して、寺田先生より、竈を使った昔の暮らしを体験学習し、エネルギー教育に持っていくというテーマで体験講座を行いました。
竈で先生方に薪を使って火起こしを体験していただきお湯を沸かしたり、竈の排煙の工夫なども教えていただきました。
また、先生方でそれぞれの地域でどのような授業ができるのかワークショップを行いました。

IMG_0151.jpg

IMG_0152.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告

2014年07月19日

プランクトンのせかいを実施しました

本日は、身近な自然調べ〜自然ふれあいコースの第5回目、「プランクトンのせかい」を実施しました。
まず集まったのは、四日市西高校。
初めに、「プランクトン」って、そもそも何なのか、説明を受けます。
今回はCIMG4673.jpg
CIMG4680.jpg


プランクトンについて、ちょっと詳しくなったら、外へプランクトン採取へGO!
西高の近くの田んぼに(持ち主の方から許可をもらって)お邪魔して、小さな網を使って、プランクトンを採取します。

DSCF0058.jpg


DSCF0064.jpg

ちょっと雨が降ってきましたが、
続いて、西高の下を流れる矢合川でも、プランクトンを採取します。
今度は、石を歯ブラシでこすってみます。
DSCF0066.jpg


西高に戻って、顕微鏡の使い方を学びます。
初めて使うという子もいるので、間違えないように一つ一つ、教えてもらいます。

DSCF0097.jpg

使い方がわかったら、早速観察。

プレパラートに気になるものをのせて・・・

DSCF0100.jpg


親子で、夢中で顕微鏡をのぞきます。

DSCF0108.jpg

中には、こんな変わったカイミジンコというミジンコの仲間も発見!
CIMG4707.jpg


意識していなくても、身近な水辺にはいろんな小さな生物が暮らしていることが分かってもらえたのではないでしょうか。
(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告