2014年02月01日

オトナの里山づくり最終回を実施しました

本日は、オトナの里山づくりの最終回。
作業の最後は、チェーンソーによる伐木作業の見学を行いました。
講習を受けたNPO法人森林の風のメンバーの方が、
大径木を伐ってくれました。

osato2013-4 (1).jpg
太い木があっという間に倒されます。
南部丘陵公園では、一部場所で、木を皆伐して、新しい萌芽再生を狙う整備の仕方を試みているそうです。
osato2013-4 (2).jpg


間伐の見学の後は、これまでに伐採した木を使って、
キノコの菌打ち体験と、焼き芋を行いました。
osato2013-4 (3).jpg

osato2013-4 (4).jpg
osato2013-4 (5).jpg

焼き芋を食べながら、今後の南部丘陵公園の森づくりについての話を行いました。

osato2013-4 (6).jpg

今回の連続講座は、南部丘陵公園の里山づくり事業のほんの始まりです。
昔いた植物や昆虫たちがたくさんいる里山にするための活動が、このオトナの里山づくりを契機に広がっていくのではないかと、今回の講座が終わって感じました。
また、来年、同じ時期に開催しますので、
ぜひ、まだ参加されていない方はご参加くださいね。
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94038953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック