2013年06月11日

富田小学校で水生生物調査を行いました。

本日は、富田小学校の4年生と富田小学校のすぐ前を流れる十四川の水生生物調査を実施しました。
学校で、調査前の注意事項を聞いたら、クラスごとに分かれて、近鉄富田駅の上流・下流に分かれて調査をしました。

富田小学校水生2013 (5).jpg

雨が少ない今年は、十四川の水量もいつもよりさらに少なく、
本日の十四川には、藻が一面に生えています。
そんな十四川に入り、こわごわ、生き物がいるのか探してみます。
富田小学校水生2013 (8).jpg

タモを水の中に入れ、ガサガサして川から上げると、
タモには、川を埋め尽くす藻が、どさっと入ります。
富田小学校水生2013 (1).jpg

あまりの量の藻に、生きものがいないかと思ってしましますが、
よーく見ると、小さな虫や魚、アメリカザリガニ等が引っ掛かっていて、
それをバケツに入れていきます。

富田小学校水生2013 (6).jpg

調査時間が終了し、川から陸に上がると、種類ごとに生きものを分類します。
種類ごとに分けてみると、たくさん取れたものが一目瞭然。
アメリカザリガニは今回、たくさん取れたようです。
アメリカザリガニがたくさん!

そのほか、どんな種類の魚や昆虫が取れたのか、川の先生から教えてもらいます。

富田小学校水生2013 (3).jpg

学校に戻ったら、クラスごとの結果をまとめ、4クラス全員が集まり、全体での結果を共有しました。
十四川の調査を始めて、今年で3年目になりますが、
今年も、昨年の結果と同じく「大変きたない川」という水質判定の結果が出てしまいました。

富田小学校水生2013.jpg


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82842104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック