2013年11月30日

ステップアップエコカレッジスキルアップ編2を開催しました。

第2回ステップアップエコカレッジ スキルアップ講座を開催しました。

今回は、四日市農芸高校の前田竜矢先生をお招きし、生きものを楽しむ庭〜チョウを呼ぶガーデニング〜をテーマに生きものと共存する環境づくりについてお話しいただきました。

画像 002.jpg

私たちの生活の中で、緑のある暮らしは心を豊かにしてくれると共に、育てる楽しみもあり庭作りやガーデニングを楽しんでいる方がたくさんいます。
自分たちの庭作りをする中で、ほんの少し生きもののために気を使うだけで、生きものと共存する豊かな自然環境を作りだすことができます。

生きものと共存するためには、まず、生きもののことを理解するとわかりやすいそうです。
体のつくりを知り、「どういう暮らしをしているのか」「そのためにどんな環境(住みか)にいるのか」を考える。

そこで、どのような工夫をすればよいのか、モリアオガエルを例に、庭の設計を行いました。
@カエルは、池から陸地に住みかが変化します。
A木の枝に産卵します。
B小さい虫を食べます。
これらのことを考えながら、池のまわりに木や石を配置していきます。
参加者の方たちは、「針葉樹と広葉樹とどちらが良いか?」とか「日かげと日なたとどっちの方が産卵しやすいですか」などたくさん質問されていました。

画像 008.jpg

画像 011.jpg



最初に百点満点の庭を設計する必要はなく、自分の好みやカエルの様子を観察したりして、いろいろ工夫して楽しむことが大切であるとのことでした。
また、庭全体をカエルのことを考えるのではなく、庭の一部の部分、たとえば右上のラインだけを生きものゾーンとして残せば良いとのことでした。
たとえば、草刈りの管理など、庭全体に草を生やすのではなく、生きものゾーンだけ草を残し、他の部分は、美観重視の庭にして構わないとのことでした。

その後、チョウを呼ぶためのガーデニングの手法をお話ししていただきました。
残念ながら、チョウは幼虫時には、農作物や花苗の害虫になってしまうので、駆除するのは仕方がないとのことでした。
そこで、密源のガーデニングにすれば、うまく共存できるのではないかとのことでした。
花の色によってチョウがよくくるということがあるそうです。
赤紫の花には、比較的チョウが来るとのことでした。
赤紫の花として、ブッドレアがあるそうですが、これは、外来種で繁殖性が強く野生化しやすいので注意が必要とのことでした。

午後からは、雨の行方をテーマに、雨水の利用などの講座です。
最初に、前田先生から、地球の水についてお話しがありました。
次に、環境学習センター職員の谷崎から、四日市の降水量や雨水タンクのお話しをしました。

画像 015.jpg


四日市市では、昨年度から雨水タンクの購入について助成を行っています。
申請の仕方や取付の注意点などをお話ししました。
取付時に一番気がかりなのは「雨どいを切る」ことだと思い、その後、用意したパイプを雨どいに見立て、実際に切る体験をしていただきました。

画像 021.jpg

最後に、前田先生より、プロジェクトウェットのプログラムを体験し、雨水や地下水をつたって起きた環境問題について学習しました。
posted by 四日市市環境学習センター at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82428391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック