2013年05月25日

カニ・カイ パラダイスを実施しました

本日の身近な自然調べ〜自然ふれあいコース第2回の「カニカイパラダイス」は、四日市港管理組合と共催!
市内の小中学生親子が、高松干潟に集まりました!

まずは、高松干潟の役割をちょっぴり勉強して、汚れたっぷりの水を貝がキレイにできるかどうかの実験をしかけていきます。
カニカイ (5).jpg


実験をしかけたら、干潟へレッツGO!
干潟に降りると、カニの楽園。
走り回るカニをスコップ片手に追いかけます。

カニカイ (1).jpg

カニはたくさんいるけど、近づいたら、穴に隠れてしまう…ということで、
みんなで冷凍人間になって、カニのようすをさぐります。
カニカイ.jpg

ピタッと動きを停めて静かにしていると、カニが次々に穴の中から出てきます。
そして、ハサミを動きを揃えて動かし始めます。
これが、カニのダンス。
じっとしていないと、見ることができません。

冷凍人間が終わったら、すぐさま、カニの元へダッシュ!
ダンスをしていたカニ達を捕まえます。

カニカイ (2).jpg

カニ以外にも、色んな生きものが干潟で暮らしています。
これは、今回捕まった「クモヒトデ」。
カニカイ (4).jpg

貝やこ〜んなに長いゴカイも発見!
ちょっと気持ち悪いけど、こういう生きものたちが、干潟にたまった、「よごれ」を浄化してくれています。

カニカイ (3).jpg

実際にどれくらい浄化してくれるのかは、干潟から上がった後で確認できます。
茶色っぽかった水が、アサリを入れた水では、透き通って見えるようになっています!
カニカイ (6).jpg

アサリのすごいパワーも見た今回の観察会。
生きものたちがたくさん暮らす干潟をこれからも大事にしていきたいですね。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79196860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック