2013年10月19日

南丘ミステリーを行いました

今年も始まりました!身近な自然調べ〜いきものミステリーコース!
第1回目は「南丘ミステリー」ということで、南丘=南部丘陵公園のすぐ近くの泊山小学校に集まりました。

まず、南部丘陵公園に訪れる動物の中で、良く目にする鳥について学習します。
見ることはできるけど、なかなか触ることはできない鳥ですが、
今日は、羽の標本を使って、じっくり、触って、見て、観察します。
家族ごとに配った羽を観察して、なんの羽か当ててもらいます。

南丘ミステリー (7).jpg


南丘ミステリー (8).jpg

南丘ミス (10).jpg


ツバメ、ノスリ、ウグイス、カワラヒワなど、種類によって羽の模様や形が違うのが分かります。
でも、どの羽も持ってみると、とっても軽い。
実際、量りを使って、スズメの重さを量ってみます。
塩の重さと比べてみると、同じ重さなのに、スズメの大きさと塩の量の違いにビックリ。

南丘ミス (9).jpg

鳥のお話の後は、最近活動が活発なスズメバチへの注意を受けて、
鳥の羽が落ちているかもしれない南部丘陵公園へ出発します。
南丘ミステリー (5).jpg

着いて早速、オオスズメバチに遭遇…!

南丘ミステリー (4).jpg

木の幹から出ている樹液を吸いに来ているようです。
近づきすぎない程度に、遠くから、静かに観察します。

10月の南部丘陵公園は、ドングリがゴロゴロ。
歩く度にいろんなドングリを拾うことができます。
芝生の広場では、トンボやチョウチョ、キリギリスやバッタなど、いろんな虫たちに出会います。
南丘ミス (11).jpg


森の中にも突入!
森には、事前に仕掛けた虫トラップが隠れています。
ということで、仕掛けた場所に埋まったペットボトルをみんなで抜いてみます。

南丘ミステリー (3).jpg

ペットボトルの底には、何か黒いものがたまっていました。
それをトレイに開けると、、、

南丘ミステリー (2).jpg


スズメバチやオサムシなど色んな昆虫が出てきます!

南丘ミステリー (1.jpg


飛んでいる時はこわ〜いスズメバチも、死んでいれば、間近でじっくり観察でき、みんな興味津々です。

森を進むと、鉄塔のある場所に出てきました。
出てきた途端に、エナガの群れに遭遇。
もう少し寒くなると、鳥の止まり木かわりになるかもしれません。

南丘ミステリー.jpg

森だけじゃなく、芝生の広場や、ちょっと変わった場所もある南部丘陵公園。
1時間くらいの短い探検でしたが、虫・鳥・ドングリなどなどいろんな自然に触れることができました。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78844467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック