2013年06月22日

第2回ステップアップエコカレッジを開催しました。

今回のテーマは、水を取り巻く環境です。
午前中の講座は、三重大学人文学部准教授の谷口智雅さんより、河川の流量からわかる水環境についてお話しいただきました。

画像 001.jpg

最初に、水循環の基礎的なお話しと水問題についてお話しいただきました。
人間の暮らしに水は必要不可欠なものです。
身近な水環境である川は、利水・治水などに重要な役割を果たしています。
川の環境といえば、一般的に生物の生息状態や水質汚濁などに注目されますが、川の水を利用する上で、使える量を知るということもとても重要で、
「この川にはどれぐらいの水があって、どの程度利用して良いのか」計画して利用しなければ、そこに生息する生物にも影響します。

そこで、実際に使用する流量計などを使って、河川の調査の仕方やこれまでの調査結果をお話ししていただきました。

画像 007.jpg

午後の講座は、環境カウンセラーの長尾計昌さんを講師にお招きし、ワークショップを行いました。
リーダーとして、講座を行う場合の手法について、実際に体験をしながら学びました。
最初に、じゃんけんを使ったアイスブレイクを行い、アイスブレイクの意義を学びました。

画像 014.jpg

その後、四日市の河川の水質についてお話しいただきました。

画像 011.jpg

次に、水学習のためのエコ工作として、「ペットボトルを使ったホバークラフト作り」を行いました。
ペットボトルにドリルで穴をあけ、風船とCDを付けて完成です。

画像 018.jpg

画像 022.jpg



最後に、先生が用意してくださったハーブティとおかしをいただきながら、和やかな雰囲気でリーダーとしての役割などについて学びました。

画像 026.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75112150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック