2013年08月22日

教員向けの四日市公害研修を行いました

本日は、教員向けの四日市公害研修の2回目を行いました。
今回は、新人採用の先生方に多数ご参加いただき、会場の塩浜小学校のコミュニティ室も人でいっぱいです。

まずは、センター職員の谷崎から四日市公害のあらましをお話します。
sinsaik-k13 (2).jpg

その後、元納屋小学校校長の九鬼先生より、教師の視点での、
公害学習へ取り組む意義や、その手法などについて、お話いただきました。
sinsaik-k13 (1).jpg


また、公害被害の名残を残すうがい場や工場の近さを実感できる展望台の見学、
学校周辺の散策も行い、現在の塩浜の様子を先生方に肌で感じていただきました。

sinsaik-k13.jpg

四日市以外から採用される先生が多く、担当する学年、学科によっては、
「四日市公害」には、なかなか馴染みがない先生も多いと思いますが、
ぜひ、四日市の歴史の一部として、しっかり記憶に残してもらえれば、と思います。


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73975361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック