2013年07月31日

ecoコロンブス号〜ごみの行方を実施しました

毎年夏休みに行っている、子ども向けのバスツアー。
今年のテーマは、ごみ。
私たちの捨てているごみはどこへ行っているのか!?
ということで、まずやってきたのが、四日市の「燃やすごみ」が集まる、北部清掃工場。
職員さんから、どれだけたくさんのごみが運ばれてきているのかや、
どんなゴミが多いのか、どんな風に処理をしているのか、お話を聞きました。

DSCF9789.jpg

施設見学では、ごみの重さを量る体重計(?)に、みんなで乗ってみます。
みんな合わせて1650kgでした!

DSCF9793.jpg

燃やすごみを撹拌したり、運んだりするクレーンがゆっくりと動いています。
ごみが集まる「ごみピット」は臭いも強烈、、、
私たちが出したごみは、北部清掃工場で働く人たちが、大変な思いをして、毎日処理してくれているんですね。

DSCF9800.jpg

ごみを燃やす炎の勢いもしっかり見学しました。
ごみを処理するのは、働く人も大変で、お金(税金)もたくさんかかるということを、学びました。
DSCF9803.jpg


2つ目の見学先は、三重古紙センター。
市内で段ボールなどの古紙を集めるステーションを作って、古紙を集めてリサイクルをしています。
リサイクルすると、お買い物で使えるポイントがたまるシステムもあり、
どんな風にポイントがつくのか、見学します。

DSCF9812.jpg

集められた紙はプレスされて、こんなにたくさん!
紙の資源は“木”。
木の消費を減らすためにも、リサイクルをして、長く使うことが大切です。
DSCF9815.jpg


最後の見学先は、岐阜県にある「株式会社エフピコ」という会社を見学させてもらいました。
どんな会社かというと、普段私たちが良く使う“食品トレイ”を作っている会社です。
そこで、スーパーなどで回収したトレイやペットボトルをリサイクルして、
また、食品トレイにしています。
でも、汚れていたりなど、リサイクルできないものもあるそうです。
DSCF9817.jpg

リサイクルされて作られたトレイにはエコマークがついています。
これから、買う時にはしっかりトレイも見てみましょう。


最後にみんなで記念撮影。
バスの中でも1日しっかりごみについて勉強しました!
DSCF9824.jpg


(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72882800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック