2013年07月21日

楠公民館で「鈴鹿川探検」を実施しました

本日は、楠公民館からの依頼で、「鈴鹿川探検」を実施しました。
今日みんなで調査をしたのは、楠町を流れる、鈴鹿川の派川にある干潟地域。

干潟には、カニ・カニ・カニの姿がたくさん。
「アシハラガニ」という種類のカニが所狭しといて、
子どもたちがたくさんカニや貝、お魚を取ることができました。
DSCF9565.jpg

バケツにカニと貝を入れておくと、いつの間にやら、ムシャムシャと貝を食べるカニの姿も。
ハサミを使って、器用に貝殻を破り、中の身を食べていました。

DSCF9564.jpg

画像-003.jpg


生きものをたくさん取ったら、何が取れたのか、川の先生と一緒に教えてもらいます。
6種類のカ二のほか、ハゼや貝、エビなど色んな生きものを観察することができました。

画像-018.jpg


水生生物調査としては、ヤマトシジミやイシマキガイなどが取れ、
川の水は「ややきれい」という結果。
意外な結果に子どもたちも驚いたようです。
今回は、ちょっと珍しいカニも取れて、
身近な干潟・川が自然豊かな場所なんだと感じてもらえたのではないでしょうか。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72453923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック