2012年10月11日

八郷小学校で水生生物調査を実施しました

本日は、八郷小学校の4年生と朝明川の水生生物調査に挑戦しました。
毎年行われている八郷小学校の調査ですが、今年は初めて秋に開催。

いつもと違った結果は出るのでしょうか?


3クラスで上流、中流、下流に分かれ、それぞれ、川の先生の指導で生きもの調査を始めます。
yasas.jpg



「生物クラブ」もある八郷小学校では、上手に捕まえる子がたくさん!
次々と「捕まえたよ!」という声が上がります。

yasas (1).jpg

yasas (4).jpg


なんと、今回の調査では、巨大ナマズが捕まりました!
穴を掘って「いけす」を作って、みんなで観察しました。

巨大ナマズ

他にも、「ハリガネムシ」というカマキリの寄生虫を発見。
初めて見る人がほとんどで、変てこな虫が注目を集めました。
ハリガネムシ



本日の調査では、川の水質を調べるだけでなく、色んな生きものを見て、触れることのできた調査になり、子どもたちにも良い思い出になったのではないでしょうか。

yasas (5).jpg

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59882838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック