2012年08月04日

内部地区で水生生物調査を行いました

本日は、内部地区で毎年開催されている「内部川探検」に、川の先生と一緒に講師として参加しました。
10年以上続いている夏のこの企画。
今年の調査結果は、どうなるでしょうか?

DSCF6376.jpg


川の先生の指導で、少人数の班に分かれて、調査をします。

DSCF6380.jpg

ヨシノボリの卵を発見!
なんと、良く見てみると、目が見えます。

DSCF6387.jpg


子どもたちが集めてきたものを分けて、見てみると、ハグロトンボなどのトンボの幼虫や、
ヨシノボリ、タモロコなどの魚、カエルやエビ、小さな貝類などのいろんな生き物が取れました。

DSCF6392.jpg

今日初めて川に入ったという家族も多く、ぜひまた来年も川に入り、
身近な川に親しんでもらいたいと思います。

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59275104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック