2012年06月26日

常磐西小学校で水生生物調査を実施しました

本日は、常磐西小学校で、前回の水の授業に引き続いて、学校の近くを流れる鹿化川を調べる「水生生物調査」を実施しました。
総合学習で川についてずっと勉強をしてきましたが、川に入るのは今回が初めて。

tokiws (1).jpg


タモの使い方を川の先生のお兄さんから教わり、生きものの捕まえ方を覚えます。

tokiws.jpg

川に降りたら、班ごとに協力し合って調査を始めます。
tokiws (2).jpg


tokiws (3).jpg

川から上がったら、取れた生きものを分類して、何がどれだけ取れたのか、メモします。

tokiws (4).jpg width=tokiws.jpg


子どもたちの調査では、オイカワやアブラハヤ、ドジョウなどの魚のほか、
指標生物では、カワニナやスジエビ、アメリカザリガニ、ヒルが取れ、
今日の調査では、鹿化川の水質は「少しきたない」という結果になりました。

今回の調査では、子どもたちの興味の中心のカメには出会えませんでしたが、
なかなか身近にあるものの、上から眺めるだけだった鹿化川に入り、
前よりも鹿化川を身近に感じることができたのではないでしょうか。
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56920866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック