2012年06月01日

富田小学校で水生生物調査を実施しました。

本日は、富田小学校の4年生が水生生物調査に挑戦しました。
今日調べるのは、学校のすぐ隣を流れている、十四川。
桜の名所でも知られているこの川にはどんな生きものがくらしているのでしょうか?

富田水生生物 (4).jpg


早速調査を開始すると、あちこちで「取れたよ!」という声が。

富田水生生物 (3).jpg


富田水生生物 (6).jpg


時間が来て、川から上がったら、どんな生きものがいたのか川の先生とチェック。

富田水生生物 (5).jpg


貝が何個取れたか、数えます。

富田水生生物 (2).jpg



最後は、クラス全体での結果をまとめて、取れた生きものの種類と数を調べることによって
川の水質判定を行います。
富田水生生物 (1).jpg

その結果によると・・・十四川は、残念ながら「大変きたない川」となってしまいました。
どうして水が汚なくなるのか、もっと綺麗な川にするためにはどうしたらいいのか、
子供たちへの問題提起になった調査でした。

(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 出前講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56283300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック