2014年09月13日

9月の自然観察会を開催しました。

国の天然記念物に指定されている御池沼沢植物群落で自然観察を行いました。
ここでは、湿地特有の植物、ミクリガヤやヤチヤナギなどが自生していることから貴重な湿地として保護されています。
初夏からこの時期にかけて、たくさんの植物の花が咲くこの時期が観察に適しています。
ナガボアカワレモコウやサギソウ、サワヒヨドリ、シラタマホシクサなどの花が観察できました。

IMG_1009.jpg

IMG_1002.jpg


IMG_1000.jpg

●観察記録●
【植物】
ナガボノアカワレモコウ、ミクリガヤ、トウカイコモウセンゴケ、サギソウ、シラタマホシクサ、ミソハギ、ノハナショウブ、メリケンカルカヤ、イヌノハナヒゲ、ノアズキ、ニッポンイヌノヒゲ、サワヒヨドリ、ヌマガヤ、サワギキョウ、ヘビノボラズ、ノリウツギ、ミズギボウシ、サワシロギク、イヌザンショウ、ミズヒキ、キンミズヒキ、ツリガネニンジン、(谷地坊主)

【昆虫】
オオカマキリ(緑色型♂)、カマキリ(褐色型♂)、ダイミョウセセリ、クサヒバリ、エンマコオロギ、ウスバキトンボ、マユタテアカネ、コカマキリ、コバネイナゴ、コガタスズメバチ?、オカメコオロギ、シバスズ、キタキチョウ(♀♂)、ウラギンシジミ(幼虫)、オオミズアオ(幼虫)、アオスジアゲハ(幼虫)、ビロードハマキ

【野鳥】
セグロセキレイ、シジュウカラ、カワラバト、ヒヨドリ、メジロ、ホオジロ、モズ、キジバト、アオサギ、ハシボソガラス、ハブトガラス、ヤマガラ、コゲラ、キジ(羽根)、キジバト(羽根)

【クモ】
コガネグモ、コガタコガネグモ、ナガコガネグモ、クサグモ、ワカバグモ(ウリハムシを捕食)、トリノフンダマシ(卵嚢)、イオウイロハシリグモ(まどい)、オニグモ、クロガケジグモ

【地学】
西沼と東沼の間の田がかなりの泥田であり、沼沢の名残をうかがわせる
posted by 四日市市環境学習センター at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105987011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック