2014年05月11日

5月の自然観察会を開催しました。

南部丘陵公園にて、自然観察会を行いました。
お天気に恵まれたこともあり、約60名の方にご参加いただきました。
はじめに、鳥の先生からアオサギやトビ、ウグイスなどはく製を見せながら、この時期に観察できる野鳥についてお話がありました。
その後、南部丘陵公園内で里山保全の手入れを行っているところで、手入れをした林がどのように変化しているのか、観察を行いました。
里山保全の話は、少し難しい課題だったのですが、子ども連れのご家族も熱心に耳を傾けてくださいました。

006.jpg

054.jpg


●観察の記録●
【植物】
アカマツ(花・幼樹)、コナラ(ナラ枯れ・萌芽・幼樹)、スイバ、アメリカフウロ、シマトキンソウ、キツネアザミ、ニガナ、イワニガナ、ヤマツツジ、イロハモミジ、ドクダミ、イタドリ、ツボスミレ、アカメガシワ、スギナ、虫えい

【昆虫】
シオヤトンボ、シオカラトンボ、テングチョウ、キタテハ(幼虫)、キノコヒモミノガ、オオスズメバチ、コミスジ、クマバチ、アシナガバチsp(キアシナガバチまたはセグロアシナガバチ)、ツマグロヒョウモン、キマダラカミキリ、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、ベニシジミ、ルリタテハ(成虫・終令幼虫)サトキマダラヒカゲ、ヒメウラナミシジミ、セセリチョウsp、キタキチョウ、ハルゼミ(鳴き声)、アカガネサルハムシ、キマダラヤマカミキリ、ヨツボシケシキスイ、ヨコズヅナサシガメ、キリギリス(幼虫)、ヤブキリ(幼虫)、シラケトラカミキリ、キベリマルクビゴミムシ、ゴキブリsp、ケラ

【野鳥】
カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、セグロセキレイ、ホオジロ、メジロ、コゲラ、ヒヨドリ、ホシボソガラス、ウグイス、ツバメ、ハシブトガラス、シジュウカラ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、エナガ

【クモ】
クロガケジグモ(網、幼体)、ワカバグモ(幼体)、アシナガサラグモ(幼体
)、ゴミグモ(幼体)、コクサグモ(幼体)

【地学】
太陽と黒点(天体望遠鏡での観察)

【その他】
キクラゲ、カスミサンショウオ、イセノナミマイマイ、カナヘビ、サワガニ、イノシシ(けもの道)

【参加者の感想】
・里山の再生が興味深い
・スイバに雄、雌があってびっくりした
・実際にふれあいながら、詳しい説明が聞けてよかった
・3歳の子は話を理解できないが、自然に触れ楽しさを感じたようだった
・観察会で教わった知識の復習をしながら、毎日の散歩を楽しんでいる
・森林の遷移について聞きたかった
・里山の見どころがわかり楽しかった、羽津山緑地でも観察会をしてほしい
・虫の名前を教えてもらい、ふれあいことで覚えられそう
・家族で楽しめた、自然に対する心が育つ会だと思いこれからも参加したい
posted by 四日市市環境学習センター at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105986218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック