2014年05月23日

子どもエコゼミ 暮らしのエネルギー今と昔を開催しました

親子環境講座として、暮らしのエネルギー今と昔を開催し、市内の小学生の親子20名にご参加いただきました。
講師は、四日市大学エネルギー環境教育研究会の矢口芳枝さん。
夏に向けて、普段の生活を見直し、温暖化防止対策となる省エネにつながる工夫などについて学びました。

DSCF2643.jpg

講座では電子絵本「エナ爺の一生」を見ながら、現在の暮らしと昔の暮らしを対比し、わたしたちが普段使っている電気やガスなどについて考えました。

DSCF2645.jpg

また、電球比較装置を使って、手回し発電機で白熱球とLEDの違いを確認したりして、体験を交えながら学びました。

DSCF2646.jpg

最後に、ゴーヤの育て方のワンポイント講座と自由研究のポイントなどをお話ししました。

DSCF2651.jpg


DSCF2653.jpg

帰りに参加者の方に、グリーンカーテン用にゴーヤ苗を配布しました。
これからの暑い夏を上手に節電しながら乗り切っていただけたらと思います。

DSCF2637.jpg
posted by 四日市市環境学習センター at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103559440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック