2014年06月08日

6月の自然観察会を実施しました

本日の自然観察会は、大人気「干潟のいきものたち」をテーマにした観察会です。

観察場所は、鈴鹿川の派川干潟。
まずは、カニや汽水域の生き物探しを行います。
008.jpg

031.jpg


あちこちを歩き回るカニに子供たちはすぐ夢中に。
上手くつかまれられる子、つかまえられない子と様々ですが、
ちょっとずつ、捕り方のコツもわかってきます。

大きなハマガニも観察!
ちょっと珍しいので、観察した後は、逃がしてあげます。
034.jpg


ちょっと足を延ばして、砂浜のある方に行くと、海浜植物をたくさん見ることができます。

DSCF2334.jpg


043.jpg

四日市の海岸線には、まだまだ素敵な自然が残っています。
カニや貝、エビや魚、野鳥もたくさんやってきます。
この貴重な自然を楽しみつつ、大切に残していきたいですね。

●観察記録●
【植物】
テリハノイバラ、シナダレスズメガヤモドキ、ハマゴウ、アリタソウ、ハマダイコン、フクド、カワラヨモギ、ハマボウフウ、ホソバハマアカザ、ホソムギ、ナガバギシギシ、コウボウムギ、マルバアカザ、アキノミチヤナギ、アレチギシギシ

【昆虫】
ナミアゲハ、キアゲハ、クマバチ、シジミチョウsp、モンシロチョウ、シオヤアブ

【野鳥】
コアジサシ(成鳥、卵)、シロチドリ(成鳥、卵)、ツバメ、ダイサギ、ホオジロ、カワウ、ヒバリ、キジバト、ドバト、オオヨシキリ、ハクセキレイ、アオサギ、モズ、シロチドリ、ウミネコ、コサギ、アジサシ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、コチドリ

【水生生物】
イシマキガイ、ベンケイガニ、ヌマエビsp、テナガエビ、マハゼ、ヌマチチブ、フナムシ、クロベンケイガニ、アシハラガニ、ハマガニ(稀少)、ボラ(成魚、幼魚)、スズキ(幼魚)、マテガイ

【漂着物】
シロスジフジツボ、スナメリ、タテジマフジツボ、イッカククモガニ、マガキ、アカニシ、イボニシ、ツメタガイ、サクラガイ、スナヒトデ、ガザミ、シオフキ、バカガイ、カガミガイ、タイラギ、イソシジミ、サルボウガイ、オキナガイ、コウイカ、アメフラシ

(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103493942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック