2014年06月07日

川の先生の研修会を行いました

本日は、市内で水生生物調査を行う指導者「川の先生」の新規募集を兼ねた研修会を実施しました。
午前中は、三重大学生物資源学部より、教授の河村功一先生にお越しいただき、
三重県でみられる淡水魚について、どんな生態なのから、その生息環境についての話がありました。

DSCF2315.jpg


お魚好きが多い、川の先生たち。
質問の時間が一番盛り上がりました。
DSCF2317.jpg

午後からは、実践研修ということで、
水生昆虫がたくさん見られる内部川へ移動。
実際に学校で行っている調査手順で、水生生物調査を実施しました。

DSCF2800.jpg

川の広さを測ったり、流れの速さを計ったりと、道具を使って、調査します。

DSCF2806.jpg
タモの使い方の説明の見本を見て、
調査開始!

既にいろんなところで調査している人も多く、新人さんでも捕り方はバッチリ。

DSCF2827.jpg


水生昆虫を探すために、石の裏をひっくり返します。

DSCF2829.jpg

よーく見ると、伸び縮みするウズムシやヒル、トビケラの仲間などが見つかります。

最後に、捕れたものをチェック。
分類して、川の先生同士で、生き物を紹介しあいます。

DSCF2837.jpg

DSCF2842.jpg

今回新しく加わった川の先生を交えての水生生物調査を、小学校や地区の事業で、どんどん行っていきます。
今後の活躍に期待してくださいね!
(たに)
posted by 四日市市環境学習センター at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103245257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック