2014年08月09日

リサイクルはがき作り午前の部を実施しました。

本日は、夏休みの自由研究工作の一環として、リサイクルはがき作りの工作を実施しました。

まずはじめは、「紙」をテーマにした学習。
紙を1日どれくらい使っているのかや、紙は何からできているのかなどを学習します。
本日の講座の指導は、四日市市環境学習センターの工作ボランティアになった新人さん。
事前に研修で学んだことを子供たちに伝えます。

DSCF0410.jpg


DSCF0413.jpg


学習が終わったら、早速、持ってきてもらったヨーグルトの容器を使って、工作を始めます。
最初は、カップについているコーティングをはがします。
DSCF0418.jpg

キレイにはがせると、使える紙の量も増えます。

はがしで出てきた白い紙を細かくちぎって、ミキサーにかけ、ドロドロのパルプにします。
DSCF0423.jpg


型にすきこんで、自分なりに飾りをつけたら・・・
DSCF0426.jpg

DSCF0425.jpg

オリジナルのデザインのハガキが完成!

紙のリサイクルの仕組みを楽しく学ぶことができました。
まだまだリサイクルできる紙が捨てられているので、今回の講座をきっかけに、
紙のリサイクルを家庭でも、もっと進めていってほしいです。

(たに)


posted by 四日市市環境学習センター at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102878093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック