2014年07月19日

プランクトンのせかいを実施しました

本日は、身近な自然調べ〜自然ふれあいコースの第5回目、「プランクトンのせかい」を実施しました。
まず集まったのは、四日市西高校。
初めに、「プランクトン」って、そもそも何なのか、説明を受けます。
今回はCIMG4673.jpg
CIMG4680.jpg


プランクトンについて、ちょっと詳しくなったら、外へプランクトン採取へGO!
西高の近くの田んぼに(持ち主の方から許可をもらって)お邪魔して、小さな網を使って、プランクトンを採取します。

DSCF0058.jpg


DSCF0064.jpg

ちょっと雨が降ってきましたが、
続いて、西高の下を流れる矢合川でも、プランクトンを採取します。
今度は、石を歯ブラシでこすってみます。
DSCF0066.jpg


西高に戻って、顕微鏡の使い方を学びます。
初めて使うという子もいるので、間違えないように一つ一つ、教えてもらいます。

DSCF0097.jpg

使い方がわかったら、早速観察。

プレパラートに気になるものをのせて・・・

DSCF0100.jpg


親子で、夢中で顕微鏡をのぞきます。

DSCF0108.jpg

中には、こんな変わったカイミジンコというミジンコの仲間も発見!
CIMG4707.jpg


意識していなくても、身近な水辺にはいろんな小さな生物が暮らしていることが分かってもらえたのではないでしょうか。
(たに)

posted by 四日市市環境学習センター at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102356906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック